日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

  • 文字サイズ

自然で地域を元気にする

Home 主な活動 自然で地域を元気にする 【参加募集】自然と親しみ、防災を考える 「親子で川のしくみと人々のくらしを学ぼう!~酒匂川~」

自然で地域を元気にする 一覧へ戻る

2022.12.21(2023.01.16 更新)

【参加募集】自然と親しみ、防災を考える 「親子で川のしくみと人々のくらしを学ぼう!~酒匂川~」

イベント告知

専門度:専門度2

フィールド:河原

山と海、そしてわたしたちの暮らしをつなぐ川。川遊びや釣りなど魅力あふれる川ですが、時に大きな自然災害を引き起こします。

今回は川の自然の魅力をあらためて観察しながらその自然災害との向き合い方も考えます。

開催概要

日 時:
2023年1月29日(9:30〜15:00
※雨天の場合は翌週2月5日(日)に延期
9:30 小田急開成駅東口 集合
15:00 小田急新松田駅北口 解散
場 所:
神奈川県酒匂川中流周辺
参加費:
無料
対 象:
小学 4~6年生とその保護者 1 名10組 20名
※きょうだいでも小学3年生以下はご遠慮ください
主 催:
公益財団法人日本自然保護協会
共 催:
こくみん共済 coop

当日の流れ

9:30
小田急開成駅東口 集合
9:45
川の景色を眺めてみよう!
10:30
河原におりて自然観察!
11:30
防災の歴史を学んで今に活かそう!
12:30
お昼(自然の恵みたっぷりのお弁当付き!)
13:15
川のはたらきを学んでみよう!
14:00
まとめ、振り返り
15:00
小田急新松田駅北口 解散

講師

一寸木先生の顔写真

一寸木 肇氏(ちょっき はじめ)
大井町教育委員会おおい自然園園長/箱根ジオパーク推進協議会学術支援員/自然観察指導員
プロフィール
1951 年神奈川県生まれ。小さい頃から、何か拾ってくるのが大好きだった。今は子どもたちが拾ったり見つけたりしたものの情報を集めることを無上の喜びとしている。地域の自然について観察や調査を行い、記録していくとともに、よりよい自然観察の方法を生み出そうとしている。子どもの自然体験のあり方についても強い関心を持っている。
著書:「シロツメクサの花のふしぎ」(少年写真新聞社)ほか

目代先生の回写真

目代 邦康氏(もくだい くにやす)
東北学院大学 教養学部 准教授
プロフィール
1971 年神奈川県生、東京学芸大学大学院修士課程修了、京都大学大学院博士後期課程修了、博士(理学)
専門:地形学、自然地理学、資源保全学
著書:「地形探検図鑑」( 誠文堂新光社 )、「地層ってなんだろう(1~3巻)」(汐文社)ほか

申込方法

お問い合わせ

公益財団法人日本自然保護協会 自然のちから推進部
自然のちから推進部 三好・原田
080-4878-2662  shizen@nacsj.or.jp

自然で地域を元気にする 一覧へ戻る

あなたの支援が必要です!

×

NACS-J(ナックスジェイ・日本自然保護協会)は、寄付に基づく支援により活動している団体です。

継続寄付

寄付をする
(今回のみ支援)

月々1000円のご支援で、自然保護に関する普及啓発を広げることができます。

寄付する