日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

  • 文字サイズ

壊れそうな自然を守る

Home 主な活動 壊れそうな自然を守る 【参加募集】奄美大島・西古見海岸砂浜の生き物観察会(6/16)

<砂浜>絶滅危惧種を守る 一覧へ戻る

2019.06.05(2019.07.08 更新)

【参加募集】奄美大島・西古見海岸砂浜の生き物観察会(6/16)

イベント告知

専門度:専門度1

奄美大島・西古見海岸 砂浜の生き物観察会

テーマ:自然資源自然環境調査

フィールド:砂浜海岸

奄美大島の南西端にある西古見(にしこみ)集落。人口30数名ほどの小さな集落で、サンゴの石垣が残り、海に浮かぶ三連立神に夕陽が沈む、静かな場所です。しかしながらここにいま、大型クルーズ船寄港問題が浮上しています。

この海岸の砂浜がどのような場所か一緒に見てみませんか。どのような生き物がすんでいるか調査と観察会を行います。

初心者や家族連れの方の方々も歓迎いたします。多くのみなさまのご参加をお待ちしています。

「奄美大島・西古見海岸砂浜の生き物観察会」チラシ(PDF/632KB)

前日(15日)に、シンポジウム『奄美の海の危機と世界自然遺産への道を開催します。
ぜひ、併せてご参加ください。詳しくは>こちら

 

開催概要

日 時 2019年6月16日(11:00~14:00
共 催 日本自然保護協会、海の生き物を守る会、自然と文化を守る奄美会議
会 場 瀬戸内町西古見西古見ナハンマ公園
地図(google map)
参加費 無料
持ち物 弁当、飲み物、筆記用具、ビニール袋、カメラほか

※本プログラムは、パタゴニア環境助成プログラムの支援を受けて実施しています。

 

お問い合わせ

日本自然保護協会(NACS-J)
03-3553-4103/080-5067-0957  umi@nacsj.or.jp

<砂浜>絶滅危惧種を守る 一覧へ戻る