自然しらべ2008「カマキリ」

HOME > 参加型プロジェクト > 自然しらべTOP > 自然しらべ2008「カマキリ」TOP

ご報告

「カマキリをさがせ!」の結果概要がまとまりました。

日本初のカマキリの全国一斉調査。参加者はのべ2,420人
47都道府県、沖縄県竹富島から北海道函館市まで690ヶ所から
1,078件の観察情報が集まりました。

※「自然しらべ2009」のテーマは「湧き水さがし」です。 こちらもご覧ください。

カマキリは日本に11種類生息していますが、今回見つかったのはそのうちの8種類でした。総観察数のうち、送られてきた写真から種類を見分けることができたのは567件、オオカマキリかチョウセンカマキリのいずれか(オオカマキリ類)であることまで判定できた356件を含めると計922件でした。
種類別にみると、最も多かったのはオオカマキリで、オオカマキリ類を加えると総観察数の半分以上を占めました。次いで、ハラビロカマキリ、コカマキリ、チョウセンカマキリと続きました。樹上性のヒナカマキリやヒメカマキリは、見つけにくいものの少数ながら確認することができ、ウスバカマキリが草地や湿地で見られたのも貴重な情報となりました。

キッズgoo自然しらべ2008公式サイト

『自然しらべ2008公式サイト(キッズgoo内特設サイト)』では調査データ一覧や全国分布マップが見られます。

キッズgoo自然しらべ2008公式サイト

自然しらべ2008「カマキリ」とは

カマキリは、日本に11種類生息しています。みんなが知っている昆虫ではありますが、いつ、どこで、どんな種類がみられるかといった情報がとても少ないのが現状です。また、種類によってくらしている場所が異なります。そこで、全国からカマキリの観察情報を集め、カマキリをとおして日本の自然のようすをさぐりたいと思います。

NACS-J自然しらべとは

テーマ(観察対象)を1つ設定し、市民の自主的な参加を広く呼びかけ、全国で同時期に同じものを観察するというもの。
身の周りの生物多様性に気づき、一人一人の小さな行動から日本の自然のようすがみえてくる意義と面白さを知っていただくための機会として、指導・協力・協賛等さまざまなご支援をいただきながら毎年実施しています。 1995年から実施してきたこれまでの調査と結果は、当サイトでご紹介しています。

  • 日本自然保護協会
  • 読売ウイークリー
  • キッズgoo
キッズgoo

このサイトへのリンクはフリーです。リンクは下記のURLへお願いします。

http://www.nacsj.or.jp/project/ss2008/

バナーは必ずDLしてからお使いください。

 

(財)日本自然保護協会
(NACS‐J)教育普及部

〒104-0033
東京都中央区新川1-16-10
ミトヨビル2F
TEL:03-3553-4101(代表)
TEL:03-3553-4105(教育普及部)
FAX:03-3553-0139

PAGETOP