日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

自然の守り手を増やす

Home 主な活動 自然の守り手を増やす 記事一覧 兵庫県西宮で自然観察指導員講習会を開催しました!

自然の守り手を増やす 一覧へ戻る

2016.10.17(2017.04.07 更新)

兵庫県西宮で自然観察指導員講習会を開催しました!

専門度:専門度1

テーマ:環境教育

フィールド:兵庫県

西宮市立甲山自然の家を会場に、10月15日~16日の二日間、自然観察会のリーダーを養成する自然観察指導員講習会を開催しました。

この講習会は、自然に親しみ、自然から学び、自然を守る行動を進めていける人を増やしていくこと目標に行われています。

晴天の中、集まった受講生の皆さんは、体験型の野外実習や、ベテラン講師による講義を受けた後、最後に自分がリーダーとなった自然観察会の実習までやり遂げました。

特に、自然観察会の実習では、緊張しながらも、講習会で学んだことを取り入れながら、自らの思いと笑顔を大切にしながら取り組まれていたのが印象的でした。秋を感じさせる自然物や大きな一本の木を題材にしたり、五感を用いたもの、調査に関わるものなど、皆さん工夫を凝らしていました。

 

▲森のスケッチをして自分の目の付けどころをチェック

 

▲座学でも、皆さんエネルギッシュです。

 

▲自然観察の目を養う一コマ。

講習会二日目に緑の腕章を初めて身に着けた新指導員の方の表情は充実感に溢れており、他の研修生みんなで喜びあいました。講師からも「全員が講習会の学びを実践していて、笑顔に溢れ、本当に素晴らしい時間でした。」とコメントがありました。

今回の講習会は、兵庫を中心に、大阪、京都の先輩指導員の有志の方からも協力をいただきました。休み時間や夜の情報交換会の中では、受講生同士はもちろん、日頃から観察会を催すベテラン指導員とも親交を深められました。講習会終了後、すぐに観察会の予定を計画するなど、指導員として早速動き出す方もいました。
おそらく、講習会に参加するまでは自信を持てずにいた方が、受講後一歩前に進むことができた思いを、「自分でもできることがあるんだ。」とアンケートに記されていたことがとても印象に残りました。

この記事のタグ

自然の守り手を増やす 一覧へ戻る