日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

  • 文字サイズ

企業連携

Home 企業連携 記事一覧 【実施報告まとめ】「砂浜ムーブメント2019」全国各地でたくさんの皆さまが参加してくださり、砂浜を見てくれる人が増えました。

2020.03.10(2020.03.23 更新)

【実施報告まとめ】「砂浜ムーブメント2019」全国各地でたくさんの皆さまが参加してくださり、砂浜を見てくれる人が増えました。

株式会社バイオーム、株式会社ピリカ、こくみん共済 coop〈全労済〉、日清フーズ株式会社など

対象:一般市民従業員ファミリー子ども学生

貢献:自然の守り手拡大日本の絶滅危惧種を守る壊れそうな自然を守るSDGs愛知ターゲット

砂浜ムーブメント2019ロゴ

日本自然保護協会(以下、NACS-J)は、海や砂浜が直面している自然環境の問題に力を注いでいます。

昨年実施した「砂浜ムーブメント2019」は、自然海岸の減少や海ごみなどの問題をひとりでも多くの人に知ってもらい、地域ごとになりがちな活動を各地で一体的に展開し、日本全国で砂浜や海を見る目を増やすこと(目指せ10万人のムーブメント)を目標に実施しました。

企画名 砂浜ムーブメント2019
実施日 2019年9月20日〜12月31日
対 象 全国の市民(子供、家族、学生、企業など含む)
内 容
  1. 5つのミッションへの参加や開催の呼びかけを行いました。
    1) 砂浜に行こう!砂浜で遊ぼう!
    2) 砂浜や河川でゴミを拾おう!
    3) 砂浜で自然を観察しよう!
    4) 砂浜で自然観察会を開催しよう!参加しよう!
    5) 砂浜や海のセミナー、シンポジウムに参加しよう!
  2. 期間中、NACS-Jもビーチクリーン活動自然観察会シンポジウムセミナーの活動を実施しました。
  3. 希望者には特製の「砂浜ノート」を配布しました。
その他 BIOME(バイオーム)」と「PIRIKA(ピリカ)」と連携し、アプリを使って誰でも気軽にこの取り組みに参加していただけることを目指しました。

砂浜ムーブメント2019の呼びかけ

今回の企画では、チラシをつくり、NACS-Jの会員や寄付サポーターの皆さま(会報誌の購読者約2万名)を中心に全国に配布しました。

全国砂浜ムーブメント2019チラシ表面

全国砂浜ムーブメント2019チラシ裏面

NACS-Jのウェブサイトや、「BIOME(バイオーム)」と「PIRIKA(ピリカ)」のアプリのなかでも専用ページをつくり、SNSなどでも参加を呼びかけました。朝日新聞も取り上げてくれました。

ミッション1

砂浜に行こう!砂浜で遊ぼう!

1番目のミッションでは、まずは気軽に砂浜に行ってもらう、砂浜で遊んでもらうことを呼びかけました。そして、「#砂浜」をつけてSNSやブログなどで発信してもらいました。SNSやブログのすべてを集計することは難しく、正確な数字はわかりませんが、砂浜ノートに申込をしてくれた63%(701人)の方が1番目のミッションに参加してくれました。潜在的にはもっと多くの方々がこのミッションに参加してくださったと思われます。

しまった。前回海に行ったときに、これやれば良かった。。。小学校授業の写真を投稿しようかな?ツイート画面

昨日の仕事帰り、日暮れ直前に国東の海で砂浜ムーブメント!初めて見た貝殻はナミマガシワというらしい。ツイート画面

Twitterで見つけた投稿

ミッション2

砂浜や河川でゴミを拾おう!

2番目のミッションでは、砂浜や河川のゴミを拾ってもらうことを呼びかけました。そして、ごみ拾いSNS・アプリの「PIRIKA(ピリカ)」へ投稿してもらいました。

その結果、2,788人の方がゴミ拾いに参加してくださり、2,266件の投稿がありました。期間中に375,859個のゴミが拾われました。また、投稿全体で約62,000回「ありがとう」ボタンが押され、投稿を通じて約33,000人以上の方にこの活動を知っていただくことができました。(※砂浜や河川に流れ着かせないために街なかのゴミ拾いも可としています)

今日は曇でしたが風がなかったんで寒くはなかったです。年末年始はゴミ収集休みなんで今のうちに頑張って見ました。発砲スチロール4袋とペットボトル2袋(130個)

#きれいにしよか!いずみおおつ

今日は休みなので、車で行って大きなゴミ拾い

プチ仕事納め?で、休日海岸清掃。年内最後の海で、スチロールの大物ゲットだぜぃ!!

こんばんは(ペットボトルなど収集したゴミの画像)

投稿データの一部

ミッション3

砂浜で自然を観察しよう!

3番目のミッションでは、砂浜の自然や生きものを観察してもらうことを呼びかけました。そして、いきものコレクションアプリ「BIOME(バイオーム)」へ投稿してもらいました。その結果、1,018人の方が参加してくださり、7,083件の砂浜やその周辺に生息する生きものの投稿がありました。

今後、投稿された写真データなどの分析を進め、砂浜とその周辺の生物多様性保全活動に活かしていきます。分析の結果は、2020年5月~6月頃にNACS-Jのウェブサイト上で改めて報告させていただく予定です。

グンバイヒルガオの写真

植物や鳥など一覧表示の写真投稿データの一部

ミッション4

砂浜で自然観察会を開催しよう!参加しよう!

4番目のミッションでは、砂浜で自然観察会を開催したり、自然観察会に参加してもらうことを呼びかけました。全国の開催件数や参加者のすべてを把握するのは難しく、正確な数字はわかりませんが、期間中にNACS-Jが主催、共催、協力した自然観察会には165人の方が参加してくださいました。参加者には海や砂浜への思いを「砂浜宣言」として書いていただいたりもしました。

表浜指導員研修会での砂浜宣言と参加者の集合の写真

貝殻を分類している自然観察会の写真

ゴミ拾いをしている自然観察会の写真

期間中にNACS-Jが主催、共催、協力した砂浜の自然観察会

開催日 イベント名 開催場所 参加者数
2019.9.22 井手ヶ浜・長和瀬 自然観察会 鳥取県鳥取市 30名
2019.10.15 下地鳥17エンド自然観察会&ビーチクリーン 沖縄県宮古島 30名
2019.10.19 虹の松原 自然観察会 佐賀県唐津市 27名
2019.10.19-20 自然観察指導員研修会2019
〜砂浜を見る目を持つ仲間を増やそう!〜
愛知県豊橋市 9名
2019.11.17 干潟の自然かんさつ&ビーチクリーンin藤前干潟 愛知県名古屋市 18名
2019.12.7 砂浜の自然かんさつ&ビーチクリーンin三浦半島 神奈川県三浦半島 悪天候のため中止
2019.12.8 砂浜の自然かんさつ&ビーチクリーンin徳島 徳島県徳島市 30名
2019.12.14 いざ砂浜へ!砂浜での清掃活動&自然観察in三浦半島 神奈川県三浦半島 35名

ミッション5

砂浜や海のセミナー、シンポジウムに参加しよう!

5番目のミッションでは、砂浜や海のことをより詳しく知っていただくために、セミナーやシンポジウムへの参加を呼びかけました。こちらも全国の開催件数や参加者のすべてを把握するのは難しく、正確な数字はわかりませんが、期間中にNACS-Jも砂浜や海に関するセミナーとシンポジウムを主催、協力し、297名の方が参加してくださいました。

葛西海浜公園シンポジウムのメインビジュアル開催概要(日時、場所、内容)

市民カレッジ81素晴らしきかな波打ち際の海の世界のメインビジュアル

今回の企画では、海や砂浜のことを学ぶことができる「砂浜ノート」を制作し、希望者やイベントの参加者、関連施設等へ配布しました。

内容は小学生でも理解できるレベルにし、海洋プラスチックなどの海ごみの問題をはじめ、砂浜の特徴や、自然観察のポイントなどをまとめたノートに仕上がりました。

今回の企画では、1,113名の方がお申込みくださり、NACS-Jが独自に配布したものとあわせて2,532冊を期間中に配布しました。ノートは好評をいただき、これからの活動のなかでも積極的に活用していく予定です。

砂浜ノート砂つぶをみてみようの解説ページ

砂浜ノート砂浜の貝殻解説ページ

砂浜ノートビーチコーミングをしてみよう解説ページ

まとめ

今回実施した「砂浜ムーブメント2019」は、試行錯誤のなかで、発信やとりまとめなどが不十分だったりと反省点もありました。一方で、そのような状況の中でも多くの皆さまがご賛同くださり、それぞれの活動に参加してくださったことはひとつの成果と感じています。

特に「BIOME(バイオーム)」を通じて得られた生きもののデータは、減り続ける砂浜の生物多様性保全にとって大切なデータになる可能性があり、現在、分析と考察を進めています。

NACS-Jでは、これらの成果を会報誌などでも発信して、日本の海と砂浜が直面している自然環境問題に対して取り組み続けます。参加してくださった皆さま、どうもありがとうございました。

砂浜に行ってくれた人数※1 701人
ゴミ拾いに参加してくれた人数※2 2,788人
ゴミ拾いの投稿件数※3 2,266件
拾われたゴミの個数※2 375,859個
ゴミ拾いに対する「ありがとう」の数※2 約62,000個
ゴミ拾いが周りの人に影響を与えた数※2 約33,000人
砂浜の自然を観察してくれた人数※4 1,018人
砂浜と周辺に生息する生きものの投稿件数※4 7,083件
自然観察会、セミナー等への参加人数※4 462人
砂浜ノートの配布数※1 2,532冊

※1:NACS-Jで把握できた数に限る、※2:PIRIKAで握できた数に限る、※3:PIRIKAでの投稿に限る、※4:BIOMEで把握できた数に限る

謝辞

今回の企画では、多くの企業・団体の皆さまにご支援、ご協力をいただきました。ご支援、ご協力いただいたすべての皆さまに心より御礼を申し上げます。本当にありがとうございました。

特に、株式会社バイオーム株式会社ピリカには企画の立上げ段階から多大なご支援とご協力をいただきました。実施にあたっては、こくみん共済 coop〈全労済〉日清フーズ株式会社からも温かいご寄付をいただきました。株式会社マツモトキヨシホールディングスからのご寄付の一部も活用させていただきました。

また、株式会社ニコンキヤノンマーケティングジャパン株式会社株式会社タムラ製作所三菱地所株式会社大日本印刷株式会社株式会社ラッシュジャパンは従業員の皆さまなどに呼びかけをおこなってくださいました。

次年度について

砂浜ムーブメントは、次年度も実施する予定でおります。今年度は季節的に難しかった北海道でも参加の希望をいただくなどしており、次年度は5月から10月末までを期間と定め実施する予定です。

引き続き、多くの皆さまのご支援とご協力を賜れれば幸いでございます。よろしくお願いいたします。

※日本自然保護協会の活動は皆様からの会費やご寄付で支えられています。日本自然保護協会の活動にご支援をよろしくお願いいたします。支援の方法はこちらから

公益財団法人日本自然保護協会
自然のちから推進室 担当:三好、志村、岩橋
03-3553-4101  shizen@nacsj.or.jp