日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

  • 文字サイズ

壊れそうな自然を守る

Home 主な活動 壊れそうな自然を守る 【終了】人々と共に生き、生命(いのち)育む海を目指して~「葛西海浜公園ラムサール条約登録1周年記念シンポジウム」

壊れそうな自然を守る 一覧へ戻る

2019.09.04(2019.10.11 更新)

【終了】人々と共に生き、生命(いのち)育む海を目指して~「葛西海浜公園ラムサール条約登録1周年記念シンポジウム」

イベント告知

専門度:専門度2

テーマ:環境教育ユネスコエコパーク生息環境保全

フィールド:湿地

※ イベントは終了しました。ご参加どうもありがとうございました。

 

東京湾の本来の姿、それが今もわずかにみられるのが、葛西海浜公園です。東京湾の最奥部、大都会の真ん中に、埋め立てをまぬがれた、水深の浅い遠浅の海が広がっています。

昨年、この海がラムサール条約に登録され、1周年を記念したシンポジウムが開催されます。

海辺は、多様ないきものたちがくらす場所。それは、わたしたちのくらしや文化にとっても重要な環境です。しかし、急激に改変が進んでおり、世界的にも保護の必要さが注目されています。

ラムサール登録1周年の節目に、都市の湿地を守る意味を考えてみたいと思います。

葛西海浜公園ラムサール条約登録1周年記念シンポジウム・チラシ(PDF:628KB)


開催概要

日 時 2019年10月20日(日)13:30~16:00(13:00受付開始)
場 所 東京都議会議事堂1階 都民ホール
東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
内 容
  • 劇団シンデレラによる湿地紹介ミュージカル
  • 葛西海浜公園、志津川湾(宮城県南三陸町)の紹介
  • 湿地の保全や人々との共存を考えるパネルディスカッション
    コーディネイター:亀山 章(公益財団法人日本自然保護協会理事長)
  • さかなクンによる東京湾の生きもの紹介など
定 員 250名(事前申込制・先着順)
参加費 無料
主 催 東京都港湾局
協 力 江戸川区、宮城県南三陸町、(公財)日本自然保護協会

応募方法

①ファクス、または②港湾局ホームページ専用フォームによりお申込みください。

①ファクス送付先:
特定非営利活動法人日本国際湿地保全連合
ファクス:03-6806-4187
別紙応募用紙(PDF:272KB)に必要事項を記載のうえ、お送りください。
②専用フォーム(外部サイトへリンク):
葛西海浜公園記念シンポジウム申込
*募集期間:
9月8日(日)~10月4日(金)<先着順につき定員になり次第締め切り>

問い合わせ先

東京都港湾局臨海開発部海上公園課
TEL 03-5320-5577
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2019/08/23/07.html

壊れそうな自然を守る 一覧へ戻る