日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

  • 文字サイズ

メディアの方へ/プレスリリース

Home メディアの方へ/プレスリリース 記事一覧 日本自然保護大賞2022 活動募集スタート! <10月31日締切>

2021.09.01(2021.09.01 更新)

日本自然保護大賞2022 活動募集スタート! <10月31日締切>

●日本の自然保護と生物多様性の保全に大きく貢献した取り組みを、毎年表彰している「日本自然保護大賞」
●8回目となる「日本自然保護大賞2022」の活動募集をスタート
●保護実践、教育普及、子ども・学生の3部門から大賞を選考し、2022年1月下旬に授賞者を発表。2022年3月下旬頃に、授賞記念シンポジウムを開催

公益財団法人日本自然保護協会(会員約2万4千人、理事長:亀山 章)は、自然保護と生物多様性保全に大きく貢献する取り組みに対し、その成果と尽力を表彰する「日本自然保護大賞2022」への活動エントリーを9月1日~10月31日にて募集しています。
【プレスリリース】日本自然保護大賞2022活動募集スタート!


日本自然保護大賞とは

公益財団法人日本自然保護協会は、「自然保護憲章」制定40周年にあたる2014年に、日本の自然保護と生物多様性の保全に大きく貢献した取り組みを表彰する「日本自然保護大賞」を創設しました。本賞では、地域性、継続性、専門性、先進性、協働の観点を重視し、生物・生態系の研究、自然保護の実践、環境教育の推進などの優れた活動に賞をお贈りします。これまで、のべ888件の応募に対して48団体・名に授与し、受賞活動のさらなる発展・活躍の一助となってまいりましたが、8回目となる今回も引き続き、SDGs持続可能な開発目標の達成や、生物および生物文化の多様性保全の重要性などを踏まえ、より幅広いジャンルからの募集に努め、次の時代につながる意義ある賞をめざします。また今年度は、当会設立70周年記念にあたり、授賞記念シンポジウムでは特別講演を企画いたします。

日本自然保護大賞2022特設サイト

応募部門

保護実践部門

市民、大学生、専門家、企業、行政などが具体的な自然保護の実績をあげた活動、研究

教育普及部門

自然観察をはじめ、広く自然保護を目的とした教育・普及活動

子ども・学生部門

小学生から高校生まで、子どもが主体的に取り組んだ活動、研究

応募方法

自薦、他薦を問いません。3部門より複数の部門にご応募いただけます。「日本自然保護大賞」ウェブサイトの応募フォームよりご応募ください。
【10月31日締切】

応募フォーム

選考と公表

2021年11月下旬頃に一次選考および最終選考(書類審査)を行い、2022年1月下旬に授賞者を発表。2022年3月下旬頃に授賞式・活動発表シンポジウムを開催します。

前回の授賞記念シンポジウムのようすはコチラ

実施主体

主催:公益財団法人日本自然保護協会
協賛:経団連自然保護協議会
後援:環境省、国際自然保護連合日本委員会、国連生物多様性の10年日本委員会、自然保護憲章普及協議会


私たちの活動は皆さまの寄付に支えられております。長年にわたり調査を続け、それをもとに科学的な提言を行うことができたのは全国の皆さまのご寄付があったからこそです。心から感謝するとともに、今後ともご支援をお願いいたします。

今すぐ寄付

本リリースに関するお問合せ

日本自然保護協会 芝小路(しばこうじ)・鶴田(つるだ)
award@nacsj.or.jp  03-3553-4101(代行・受付時間:10時30分~17時)
〒104-0033 東京都中央区新川1-16-10 ミトヨビル2F
※コロナ感染拡大防止の観点からNACS-J事務局ではテレワークを推奨しています。そのため、お問合せはお手数ですが上記メールアドレスへご連絡ください。ご理解のほどよろしくお願いします。