日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

  • 文字サイズ

壊れそうな自然を守る

Home 主な活動 壊れそうな自然を守る 【全国砂浜ムーブメント2020】7月、8月の活動件数の発表~ごみは16万個突破!~

壊れそうな自然を守る 一覧へ戻る

2020.09.23(2020.09.23 更新)

【全国砂浜ムーブメント2020】7月、8月の活動件数の発表~ごみは16万個突破!~

イベント報告

専門度:専門度1

テーマ:海の保全

フィールド:砂浜

「砂浜ノート」を子どもたちに届ける活動は、NACS-J砂浜ムーブメント2020のアクションの1つです。

あと2つのアクションが、「砂浜の生きものをしらべよう!」と、「砂浜や街中でごみを拾おう!

3つのアクションについての詳細はこちら

この2つのアクションについて、共催しているバイオームさん、ピリカさんから8月までの報告をいただきました。

砂浜ムーブメントがスタートした7月23日から8月末までの活動件数です。

バイオーム:
生きもの投稿件数  1,522件
ピ リ カ:
拾われたごみの数 168,386個

たくさんのご参加とご投稿、ありがとうございます!

投稿内容は、全体集計が終わってから分析をする予定ですが、ピリカさんの報告では、コロナ禍でグループでの活動が自粛されているため、今年は個人が中心で大量報告よりもコツコツ拾ってくださっている投稿が多いのが特徴だそうです。

1人で参加しても、他地域の参加者から「ありがとう!」などのメッセージが届き、日本全体のようすがわかるのがスマホアプリのいいところ。

なかなか行けない方も「拾ってくれてありがとう!」「砂浜の生き物、見つけてくれてありがとう!」などのメッセージを送ってくださると、活動の応援になります。

台風や潮流の変化で、今年は太平洋側にはいろいろ漂着物が流れ着いているという情報も聞いています。情報、お待ちしています。

(日本自然保護協会 自然のちから推進部 志村智子)

ウズイチモンジの写真▲写真:バイオームで投稿した画面

★全国砂浜ムーブメント2020のサポートアプリ
いきものコレクション「バイオーム」
ごみ拾いSNS「ピリカ」

砂浜ムーブメント2020
クラウドファンディング「子どもたちに「砂浜ノート」を届けて海や砂浜の大切さを伝えたい」

壊れそうな自然を守る 一覧へ戻る