日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

スタッフブログ

Home 主な活動 スタッフブログ 【四国ツキノワグマ】調査諸々、報告です!

スタッフブログ 一覧へ戻る

2018.10.26(2018.10.29 更新)

【四国ツキノワグマ】調査諸々、報告です!

イベント告知ご寄付

専門度:専門度1

四国ツキノワグマ調査中(写真)

テーマ:絶滅危惧種

フィールド:高知県徳島県

生物多様性保全室、出島です。

昨年に引き続き、日本クマネットワーク四国自然史科学研究センターとの協力により、四国ツキノワグマの現状を把握する調査を進めています。

Yahoo!募金等でもご支援をお願いしています。引き続き力を貸してください!

SAVE THE ISLAND BEAR 四国のツキノワグマを救え!


今年は春から、これまでに調査が行われていない62台のセンサーカメラを設置しています。詳細な調査結果は解析を待てからになりますが、思っていた以上にツキノワグマがカメラに映らない・・・というのが感想です。

生息環境の悪化だけではく個体数が増加しない理由があるのかもしれません。

また、クマが生息する高知県、徳島県においても、絶滅の危機にあることの認知度は34%にとどまっていることから、県内の動物園と連携した普及啓発活動の準備を進めています。

 

高知県立のいち動物公園スタッフと(写真)

 

今後、2年間の調査結果の解析を進めるとともに、普及啓発活動を進めていきます。来年1月26日には高知県でシンポジウムも開催予定です。

四国ツキノワグマの保護へのご支援を引き続きよろしくお願い致します。

 

10/28(日)まで限定!日本クマネットワークオリジナルグッズ販売中>

チャリティー専門ブランド「JAMMIN」(https://jammin.co.jp/)から、日本クマネットワークへの寄付つき限定オリジナル商品が販売されます!

デザイン性の高いTシャツやパーカーなど多数取り扱っていますのでぜひご覧ください。

JAMMINページへの「いいね!」or「シェア」だけでも10円がJBNに寄付されます。

是非拡散もよろしくお願いします!

スタッフブログ 一覧へ戻る