日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

自然に親しむセカンドライフをサポートします

支援の方法 遺贈・遺産・生前のご寄付 自然に親しむセカンドライフをサポートします

自然に親しむセカンドライフを
サポートします

もっと、自然に親しむ、自然を知る。さらには、自然を守り、自然の大切さを伝える活動に携わる。そんなセカンドライフはいかがですか。日本自然保護協会は、長年培ってきた自然保護の実績とノウハウで、自然との充実したセカンドライフの応援をします。

会員になって、自然を守る応援団になる

日本自然保護協会では、活動を支援してくださる定期会員のお申し込みを受け付けています。年会費5,000円、1日15円からの寄付で救える自然があります。
会員になっていただくと、

  • 会報『自然保護』を年6号お届けします。
  • 主催イベントへのご参加、刊行物のご購入が会員価格になります。
  • 会員専用ウェブページをご利用いただけます。
  • ㈱山と渓谷社の「図鑑.jp」を会員価格でご利用いただけます。

『自然保護』を読んで、自然保護の“今”を知る

『自然保護』は、年6回発行する会報誌。自然の楽しみ方、生き物の不思議、自然と人のつながり等々、毎号多彩な話題を紹介しています。ほかでは得られない最新のトピックは、自然への興味をいっそう大きくしてくれるはずです。

自然観察会で、新たな発見にワクワク

自然観察会の魅力は何といっても、慣れ親しんだ風景の中に新しい気づきや発見があること。当会主催や、当会会員の企画によるもの等、全国各地のイベント・観察会の情報を会報やウェブサイトでお届けします。身の回りのいつもの自然が、違ったものに見えてきます。最寄りの観察会へ、どうぞお気軽にご参加ください。

ネイチャー講座<Nカレ>で、知的好奇心がフツフツ

<NACS-J市民カレッジ(略称:Nカレ)>は、自然にかかわる各分野のスペシャリストが講師を務めるオープンカレッジ。東京の諸会場を中心に、地方開催も交えながら、さまざまなテーマで開講しています。テーマの一例をご紹介すると、〝食べ続けたいから知っておきたい「ウナギの今」〟〝風景のなぜ?を読み解こう〟〝自然に学ぶ酒づくり〟〝初心者のためのネイチャーフォト講座〟などなど。ここでしか聞けない意外なお話が目白押しです。参加費3,000円のところ、会員の方には無料でご参加いただけます。

ボランティアで、自然保護の担い手に

日本自然保護協会の日々の活動は、多くのボランティアのご協力に支えられています。
たとえば、

  • 森林や里山での生き物調査、環境整備活動
  • イベントでの自然観察会やブース出展等のお手伝い
  • 事務局での資料整理、DM発送作業、資料・文献の英文翻訳作業、調査・アンケートのデータ入力作業など

無償のボランティアではありますが、自然保護活動にご助力いただくことに何らかの充実感を感じていただければ、ぜひお手伝いいただきたいと思います。

自然観察指導員になって、地域のナチュラリストに

自然観察指導員は、地域に根ざした自然観察会を開き、地域の自然を守る仲間をつくるボランティアリーダーです。2日間の講習会を受講いただくことで、指導員としてご登録いただけます。日本自然保護協会は、1978年から自然観察指導員の育成に取り組んできました。そうして誕生した指導員は、のべ30,000人。全国各地で自然をテーマに、充実した活動・交流が行われています。

お問い合わせ

公益財団法人日本自然保護協会 
遺贈担当(終活アドバイザー)
TEL:03-3553-4101(代表)/
E-mail:memory@nacsj.or.jp
〒104-0033
東京都中央区新川1-16-10
ミトヨビル2F 
FAX: 03-3553-0139