自然しらべ2006「バッタ」

HOME > 主な活動 > 自然しらべTOP > 自然しらべ2006「バッタ」TOP

ご報告

延べ参加者数 全国3,322人 902地点

近所の公園、草はら。目線を低くすると、飛び跳ねるバッタがいます。トノサマバッタは、仮面ライダーそっくり。どんなバッタがいるかで、自然の様子がわかります。


※自然しらべ2007は「夏休み、セミのぬけがらをさがせ!」 です。こちらもご覧ください。

結果がまとまりました。
全国3,322人、902地点で、バッタをさがしました。多かったのはオンブバッタとショウリョウバッタ。一方、カワラバッタはとても少なかったです。 近所の公園・草はらで、目線を低くするとバッタが見えてきます。どんなバッタがいるかで自然のようすも見えてきます。

自然しらべ2006「バッタ」とは

2006年の自然しらべは、バッタ。バッタは、知名度の高い昆虫です。でも、身近な場所にどんなバッタがいるのかということは、ふだん意識しないものです。身近な草はらにひっそりと暮らしている――バッタはそんな生きものかもしれません。

バッタには、たくさんの種類がいます。どの種類も姿がよく似ていますが、好みの草はらはバッタの種類によって異なっています。

バッタをしらべると、いままでとちょっと違った草はらの自然が見えてくるはずです。あなたのまわりではどうでしょう。どんなバッタがいるか、しらべてみてください。

NACS-J自然しらべとは

一人ひとりが近所の自然をしらべる日本の自然の「定期健康診断」。それが「自然しらべ」です。 NACS-Jは、全国から集まった情報をまとめて発表し、自然保護に活用します。 1995年から行ってきたこれまでの自然しらべのテーマと結果は、当サイトでご紹介しています。

  • 日本自然保護協会
キッズgoo

このサイトへのリンクはフリーです。リンクは下記のURLへお願いします。

http://www.nacsj.or.jp/project/ss2006/

バナーは必ずDLしてからお使いください。

(財)日本自然保護協会
(NACS‐J)教育普及部

〒104-0033
東京都中央区新川1-16-10
ミトヨビル2F
TEL:03-3553-4101(代表)
TEL:03-3553-4105(教育普及部)
FAX:03-3553-0139

PAGETOP