日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

  • 文字サイズ

モニタリングサイト1000里地調査

Home 主な活動 自然の守り手を増やす モニタリングサイト1000里地調査 お知らせ 【申込受付終了】モニ1000里地調査全国交流会をオンラインで開催します

2020.11.04(2020.12.04 更新)

オンライン
2020年12月5日終了しました

【申込受付終了】モニ1000里地調査全国交流会をオンラインで開催します

お知らせ

専門度:専門度3

今年度の全国交流会は【オンライン開催】することとなりました。
今年は「withコロナ時代の里山の活用と保全 ~私たちにできることは何か?~」と題し、モニ1000里地調査でこれまでにわかったことを振り返りつつ、withコロナ時代の里山保全について皆で考えます。オンラインということで文字通り全国から集った調査員の皆さんや有識者の方々と交流できますので、ぜひご参加ください!
 
モニ1000里地調査 全国交流会 募集要項(PDF / 1.6 MB)
モニ1000里地調査 全国交流会 申込み用紙(調査員用)(Word / 56 KB)
 

内容概要

日時 2020 年 12 月 5 日(土)10:00 ~
開催方法 オンライン会議システム「Zoom」によるビデオ通話
参加費 無 料  ※ 通信費は参加者のご負担になります。
対象 ≪午前 シンポジウム≫ どなたでも参加できます(要申込)
≪午後 分科会≫ モニ1000里地調査員、里山でご活動されている方(定員30名/要申込)

 

プログラム

午前の部 シンポジウム(10:00 – 12:30)

NACS-J事務局や専門家から、モニ1000の事業概要や里山での保全活用事例、より良いチームづくりについてお話しします。

開会挨拶
松本 英昭(生物多様性センター センター長)

「モニタリングサイト1000とは」
市塚 友香(生物多様性センター)

「モニ1000里地調査で見えた里山の今」
藤田 卓(日本自然保護協会)

「コロナから学ぶ。共生時代の里山経済」
伊川 健一氏(健一自然農園 代表)

「withコロナ時代の市民活動・コミュニティ」
五井渕 利明氏(NPO法人CRファクトリー副理事長)

総合討論
 

午後の部 分科会(13:30 – 16:00)

午後の分科会では下記いずれかのテーマでグループに分かれ、今課題に感じていることやアイディアについて参加者同士で話し合い、交流を深めます。

1:
里山の保全活用
2:
より良いチームづくり
参加希望の方は、申込みの際にご希望のテーマをお知らせください。
お申し込み時に定員を超えた場合には調査員の方を優先します。

ご参加までの流れ

参加のお申込み:下記申込詳細欄をご覧いただき、まずは参加をお申込みください。
受付確認のご連絡:お申し込み後、事務局よりメールにて受付確認のご連絡をいたします。
URLのご連絡:当日までに、ご参加いただくためのURLをメールにてお送りいたします。午前の部・午後の部それぞれ別のURLですので、ご注意ください。
参加前のご準備:当日までにビデオ通話用ツール「Zoom」のインストールを行ってください。

※ Zoom のインストール方法(外部サイトへ移動します。) https://coco-senior.jp/article/detail/?id=160

Zoomテスト:12/1(火)19:30~ Zoomの事前通信テストを行います(希望者対象、申込不要)。
交流会当日:当日お時間になりましたら、③でお送りしたURLをクリックしてご参加ください。

申込み方法

2020年 11月 27日(金)締切

※ 申し込みの受付は終了いたしました。たくさんのご応募、ありがとうございました。

 

参加申し込み・お問合せ

(公財)日本自然保護協会 モニタリングサイト1000里地調査事務局
〒104-0033 東京都中央区新川1-16-10 ミトヨビル2F
TEL:03-3553-4104 / FAX:03-3553-0139 (電話受付時間:平日10時30分~15時)
E-mail:moni1000satochi★nacsj.or.jp(★を@に直してお送りください)


一般の方向けの案内はこちら

【参加者募集】モニ1000里地調査 全国交流会「withコロナ時代の里山の活用と保全」開催!