日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

  • 文字サイズ

NACS-J市民カレッジ(Nカレ)

Home 主な活動 NACS-J市民カレッジ(Nカレ) 【満員御礼】NACS-J 市民カレッジ シリーズ83 「南硫黄島 完全制覇part2 ~ 世界的アルピニスト天野和明が見た南硫黄島」

NACS-J市民カレッジ(Nカレ) 一覧へ戻る

2019.11.07(2019.11.18 更新)

【満員御礼】NACS-J 市民カレッジ シリーズ83 「南硫黄島 完全制覇part2 ~ 世界的アルピニスト天野和明が見た南硫黄島」

イベント告知

専門度:専門度1

テーマ:自然環境調査

フィールド:

今なお原生的な自然が残る神秘の島、南硫黄島。東京から約1300km南に位置するこの島に人の立入が許可されたのは、なんと過去4回の自然環境調査だけです。10年ぶりに行われた2017年の調査(東京都、首都大学東京、NHKの三者合同により実施)では、自然分野の一線級の研究者、そして調査ルート開拓のための登山家といった専門家集団が上陸。

Nカレではこれから、貴重な調査に参加した隊員の皆さんを講師に招き、リアルな南硫黄島の姿と、人の手が入らない島で起こっている自然の変化について各専門分野ごとにシリーズでご紹介いただきます。

※ 定員に達しましたので申込みを締め切りました。たくさんのお申込みをありがとうございました。

【第2回】

2017年9月、10年ぶりに南硫黄島の自然環境調査が行われ調査隊が上陸。調査をするには絶壁を登らなければいけないが、調査隊員のほとんどは登山の素人。もちろん自然環境を傷つけてはいけない。厳しい条件で調査を遂行するため隊員を安全に山頂まで導いたのは、日本人として初めてピオレドール賞(優れた登山家に贈られる国際的に権威ある賞)を受賞した天野和明氏。トップアルピニスト・天野氏からみた南硫黄島とはどんな山だったのか?
Nカレ南硫黄島シリーズpart2は、トップアルピニストの話を聞ける貴重な回です!ぜひご参加ください。

 


◆シリーズ83「登山家が見た南硫黄島」について学ぶコース◆

 

※“NACS-J市民カレッジ(略称:Nカレ)”は、日本自然保護協会(NACS-J)に集う各分野のスペシャリストが講師を務めるオープンカレッジです。

 

NACS-J 市民カレッジ シリーズ83「南硫黄島 完全制覇part2 ~ 世界的アルピニスト天野和明が見た南硫黄島」

 

開催概要

日時 2019年 11月27日(水)18:20~19:50
会場 三菱商事 MC FOREST
(東京都千代田区丸の内2-3-1 /東京駅徒歩3分)・地図
定員・対象 40名・中学生以上
※先着順。最少開講人数10名
参加費 会員無料/非会員3,000円
※当日のご入会も歓迎です。もちろん会員価格で受講いただけます。
共催 三菱商事株式会社

●開催時間がこれまでより10分早くなりました。ご注意ください。

 

お申し込み

※ 定員に達しましたので申込みを締め切りました。たくさんのお申込みをありがとうございました。

03-3553-4101  n-college@nacsj.or.jp
日本自然保護協会(NACS-J) Nカレ担当

 

講師紹介

PART2 講師紹介

天野和明(あまの かずあき)
南硫黄島自然環境調査2017 登山隊長

登山家。2009年日本人で初めてピオレドール賞を受賞。自然にダメージを与えない登山を志向。

 

南硫黄島完全制覇シリーズ 今後の予定テーマ

●鳥(講師:川上和人氏)
●カタツムリ(講師:千葉聡氏)
●虫(講師:苅部治紀氏)
●カニと海の中の世界(講師:佐々木哲朗氏)
※開催日程は決定次第ウェブ掲載予定。

この記事のタグ

NACS-J市民カレッジ(Nカレ) 一覧へ戻る