日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

  • 文字サイズ

自然の守り手を増やす

Home 主な活動 自然の守り手を増やす 記事一覧 【参加募集】GWに、春の新宿御苑を五感で満喫しませんか!

自然の守り手を増やす 一覧へ戻る

2019.04.22(2019.04.22 更新)

【参加募集】GWに、春の新宿御苑を五感で満喫しませんか!

イベント告知

専門度:専門度1

リーダー研修参加者の集合写真

テーマ:環境教育人材育成

新宿御苑みどりフェスタ(4/29)にて、(公財)日本自然保護協会(NACS-J)が毎年開催しているネイチュアフィーリング自然観察会を今年も開催します。

この観察会の最大の特徴は、からだの不自由な方もお年寄りから子どもまで、どなたでも参加できるということです。

例えば目の不自由な方や、3歳の子どもと自然観察って上手くできるの?、もちろん、大丈夫!むしろ、様々な五感の違いを活かした発見満載の観察会になりますよ。

 

イベント概要(事前申し込み不要)

■開催日時:
4月29日(月・祝)10~12時(雨天中止)
■集合場所:
新宿御苑「母と子の森」前(新宿門から入ってすぐ右側の芝生。
「自然観察会」という水色ののぼりを目印にしてください。)・苑内地図
■参加費:
無料(当日は、入園料も無料となります)
■持ち物:
特になし。

 

自然観察リーダーや企業の方にもお勧め!

多様な個性を持つ参加者の方と五感を活かして観察し、自然観察の原点ともいえる要素が詰まっています。からだの不自由な方との自然観察に興味がある方のみならず、観察会をより充実させたいリーダーや、自然観察力を高めたい方にもおすすめです。

*国連持続可能な開発目標でも大事にされている、包摂(身体の障害等含む、多様な個性を受け入れる社会)を観察会という場面で実現している、NACS-Jのブランドであり、エッセンスが詰め込まれた観察会です。

 

NACS-J自然観察指導員が、準備万端、皆様の参加をお待ちしています!

4月21日(日)、ベテランから、3月に指導員になった方まで、NACS-J自然観察指導員36名が、研修会兼下見の会を行いました。

 

講師の話を聞く参加者の写真

 

様々な障害も持った方と一緒に楽しむ配慮の方法、この季節ならではの新宿御苑の楽しみ、何よりも周りに自慢したくなる、楽しい“自然のへぇ~”というネタをたっぷり学びました。

 

講師を中心に輪になって打ち合わせをする指導員の写真

 

参加者に楽しんでもらえるように、入念な打ち合わせ

 

木の芽を見つめる指導員の写真

 

どんな見せ方をしようかな?自然観察を楽しみながらも、マジメな表情

 

大木に手を当てる指導員の写真

 

当日も、楽しくてニコニコしてしまう観察会を、乞うご期待!!

自然の守り手を増やす 一覧へ戻る