日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

  • 文字サイズ

企業連携

Home 企業連携 記事一覧 赤谷の森でタムラ製作所の社員の皆さまが今年もボランティア作業をしてくださいました

2020.12.11(2020.12.14 更新)

赤谷の森でタムラ製作所の社員の皆さまが今年もボランティア作業をしてくださいました

株式会社タムラ製作所

対象:従業員

貢献:自然を活かした地域づくり自然の守り手拡大日本の絶滅危惧種を守るSDGs愛知ターゲット

日本自然保護協会(以下、NACS-J)の活動を会員として支えてくださっている株式会社タムラ製作所(以下、タムラ製作所)の社員の皆さまが今年も赤谷の森でボランティア作業をしてくださいました。

今年で3回目の作業となりましたが、毎年少しずつ参加者が増え、今年は20名を超える社員の皆さまが参加してくださいました。


NACS-Jは、群馬県みなかみ町の赤谷の森を舞台に、生物多様性の復元と自然の恵みを活かした持続的な地域づくりに力を注いでいます。

赤谷の森では、生態系の頂点にいるイヌワシの生息環境を向上させる活動や日本各地で増えすぎているニホンジカを低密度で管理するための活動をはじめ、様々な取組みを行っています。

その取り組みのひとつに、管理の行き届かなくなった人工林を本来の自然林に再生する活動があり、タムラ製作所の社員の皆さまには、その活動をボランティア作業で手助けいただいています。

作業内容は、先日ご紹介した株式会社ニコン(以下、ニコン)の皆さまと実施している取組みと一緒です。

ニコンの皆さまとの取組みで成果が出始めたことから、活動場所を拡げようとなったときに助けてくださったのがタムラ製作所の皆さまでした。

今年で3回目となる作業でしたが、初回は参加者もまだまだ少なく、作業のスピードも限られていたのですが、2回目、3回目と継続してくださるなかで、毎年参加くださる皆さまだけでなく、初めて参加する皆さまも増え、作業もとてもはかどりました。

今年は新たな試みとして、赤谷の森の活動の拠点となっている「いきもの村」で育てたコナラの稚樹も数本植樹し、その成長を観察していくことにしました。

タムラ製作所の皆さまが作業してくださっている活動地では、自然の遷移のなかで優占種と呼ばれる樹種や植物がまだまだ多く、高く成長してもらいたい樹種が少ない状況です。

これからの変化を楽しみに、また来年もお越しいただけたらと思っております。ご参加いただいたタムラ製作所の皆さま、本当にありがとうございました!

 

 

※日本自然保護協会の活動は皆様からの会費やご寄付で支えられています。日本自然保護協会の活動にご支援をよろしくお願いいたします。支援の方法はこちらから

公益財団法人日本自然保護協会 自然のちから推進部
担当:三好、志村、岩橋
03-3553-4101  shizen@nacsj.or.jp