日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

  • 文字サイズ

企業連携

Home 企業連携 記事一覧 MARUZEN Presents「書店で学ぶSDGs」で自然環境問題をやさしく読み解くお話をしました

2020.10.02(2020.10.02 更新)

MARUZEN Presents「書店で学ぶSDGs」で自然環境問題をやさしく読み解くお話をしました

株式会社丸善ジュンク堂書店、大日本印刷株式会社など

対象:一般市民従業員ファミリー子ども学生

貢献:自然の守り手拡大SDGs愛知ターゲット

日本自然保護協会(以下、NACS-J)は、NACS-Jの活動を会員として支えてくださっている大日本印刷株式会社などに協力させていただき、2020年9月26日(土)から5日間にわたって開催されたMARUZEN Presents「書店で学ぶSDGs」に登壇、「SDGsから自然環境問題をやさしく読み解く」をテーマにお話をしました。


MARUZEN Presents「書店で学ぶSDGs」の初日、トップバッターで登場したのがNACS-Jの岩橋大悟です。新型コロナの影響もあり、オンラインで開催されました。岩橋からはSDGsの大目標のなかでも14番「海の豊かさを守ろう」と、15番「陸の豊かさも守ろう」の自然保護の視点から、現在の社会の動きや、NACS-Jの活動を通した山や海の自然環境問題についてお話をさせていただきました。

SDGs(持続可能な開発目標)とは?

そして、今まさにNACS-Jが力を注いでいる、海や砂浜の自然環境問題やそれに対する取り組みについても紹介させていただき、「全国砂浜ムーブメント2020」への参加の呼びかけや、5万人の子どもたちに砂浜ノートを配布するクラウドファンディングへのご支援もお願いしました。

子供たちに砂浜ノートを届けて海や自然の大切さを伝えたい▲砂浜ノートクラウドファンディングトップページ(2020年9月30日時点)
※画像をクリックすると外部サイトへ移動します。

最後は、MARUZEN Presentsということもあり、自然環境にまつわるNACS-J職員のおススメの本なども紹介させていただきました。

ご参加いただきました皆さま、どうもありがとうございました。

※日本自然保護協会の活動は皆様からの会費やご寄付で支えられています。日本自然保護協会の活動にご支援をよろしくお願いいたします。支援の方法はこちらから

公益財団法人日本自然保護協会 自然のちから推進部
担当:三好、志村、岩橋
03-3553-4101  shizen@nacsj.or.jp


全国砂浜ムーブメント2020
クラウドファンディング「子どもたちに「砂浜ノート」を届けて海や砂浜の大切さを伝えたい」