日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

企業連携

Home 企業連携 記事一覧 駿河台・生きものさがし自然塾「落ち葉をひろって秋色図鑑をつくろう」を開催しました

2019.04.19(2019.04.24 更新)

駿河台・生きものさがし自然塾「落ち葉をひろって秋色図鑑をつくろう」を開催しました

三井住友海上火災保険株式会社、ECOM駿河台

対象:子ども

貢献:自然の守り手拡大SDGs愛知ターゲット

図鑑作りをする講師と子どもの写真

日本自然保護協会(以下、NACS-J)と三井住友海上火災保険株式会社(以下、三井住友海上)は、小学生を対象に「駿河台・生きものさがし自然塾」を開催しています。

今回は「落ち葉をひろって秋色図鑑をつくろう」をテーマに、2018年11月23日に開催しました。


NACS-Jは、法人特別会員として活動を支えてくださっている三井住友海上と「駿河台・生きもの自然塾」を開催しています。

2018年度の第2回目は秋の季節だったので、秋を探しながらの自然観察と、自分だけの図鑑づくりを行いました。

全国的に暖かい秋だったので、紅葉の進み方も例年に比べるとゆっくりでしたが、イベント開催日にはECOM駿河台前の木々もずいぶん色づいていました。

 

図鑑の素材を集める子どもたちの写真

 

甲賀通りのイチョウの街路樹をグラグラゆすって、ばらばらっと落ちる銀杏の匂いを嗅いで、子どもたちは大はしゃぎ。

自分の図鑑に入れよう!と拾い集めた「秋の自然」を手に持って、ECOM駿河台に戻り、いよいよ図鑑づくりです。

製本家の孝本真由子さんが、あらかじめ用意してくださったキットを使って図鑑を作ります。

手順をみんなで確認してからは、子どもたちの感性が光る時間。

 

図鑑のポケットに葉っぱを入れタイトルを入れている写真

 

作っていくうちにどんどん新しい発想が出て、色鉛筆でデコレーションしたり、表紙に赤い実を貼ってみたりと、まさに枠にとらわれない図鑑がたくさんできました。

 

顔を描いた葉っぱとコメントを書き入れて完成した図鑑の写真

 

最後に、作った図鑑をみんなの前で発表をして、世界に一つの自分だけの図鑑づくりは終了です。

 

秋のおち葉図鑑とタイトルを入れた表紙の写真

 

みんなそれぞれの個性があふれていて、まるで今日の自然観察の体験をぎゅっと閉じ込めた宝箱でした。

 

完成した図鑑を頭上に広げて記念撮影(写真)

 

ECOM駿河台 生きものさがし自然塾「落ち葉をひろって秋色図鑑をつくろう」

日時:
2018年11月23日(金祝)
場所:
ECOM駿河台(東京都千代田区)
対象:
小学生1〜6年生
主催:
三井住友海上火災保険株式会社、公益財団法人日本自然保護協会
講師:
孝本真由子氏(macobook works)

 

ECOM駿河台とは

2012年5月、三井住友海上駿河台新館のオープンにともなって誕生した、地域に開かれた環境コミュニケーションスペース。環境や自然に関するさまざまな情報を発信し、地域の皆様と交流しています。
https://www.ms-ins.com/company/csr/ecom/

 

※日本自然保護協会の活動は皆様からの会費やご寄付で支えられています。日本自然保護協会の活動にご支援をよろしくお願いいたします。
支援の方法はこちらから

 

■お問い合わせ■
公益財団法人日本自然保護協会
自然のちから推進室 担当:大野
03-3553-4101  shizen@nacsj.or.jp