日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

  • 文字サイズ

メディアの方へ/プレスリリース

Home メディアの方へ/プレスリリース 記事一覧 日本自然保護協会 設立70周年記念、自然保護の原点「尾瀬」をモチーフにした 腕時計(PRO TREK)が誕生!

2021.02.26(2021.02.26 更新)

日本自然保護協会 設立70周年記念、自然保護の原点「尾瀬」をモチーフにした 腕時計(PRO TREK)が誕生!

  • 日本自然保護協会(NACS-J)とカシオ計算機が尾瀬モチーフのPRO TREKを共同開発
  • 地形をイメージした等高線をバンドに印刷するなど、日本の自然保護の原点である「尾瀬」の自然をモデル全体でデザイン
  • 共同開発は2018年「イヌワシモデル」、2019年「オオルリシジミモデル」、2020年「アカウミガメモデル」に続く第4弾

自然保護の原点「尾瀬」をモチーフにした腕時計(PRO TREK)が誕生!(PDF/1.8MB)


腕時計(PRO TREK)の画像▲PRW-30NJ-1JR

公益財団法人日本自然保護協会(会員約2万4千人、理事長:亀山 章。以下、NACS-J)は、カシオ計算機株式会社とのコラボレーションを通じて、日本の自然保護の原点である「尾瀬」の自然をモチーフにした腕時計プロトレックを共同開発しました。本腕時計プロトレックは、3月5日(金)から発売予定です。

NACS-Jは、ダムの底に沈もうとしていた尾瀬の自然を守るため、学者や登山家を中心に1951年に設立され、今年で70周年を迎えます。今回のコラボレーションでは、日本の自然保護の原点である尾瀬の自然をモデル全体でデザインしています。

ベースモデルには、デジタル表示による高い視認性と小型化を実現したコンパクトサイズのPRW-30をセレクト。尾瀬の地形をイメージした等高線パターンをデュラソフトバンド前面に印刷。等高線が織りなすパターンが迷彩柄を連想させクールで実用的なイメージに仕上げました。

 ▲バック刻印(左)と遊環(右)

また、裏蓋には記念モデルを象徴する協会設立70周年記念マークを刻印。NACS-Jのロゴマークを入れた遊環と組み合わせることで、記念モデルに相応しいデザインに仕上げました。付属されるカラビナアタッチメントには、尾瀬最大の魅力である尾瀬ヶ原に代表される湿原の美しさを表現。山稜や山腹にも多くの湿原が見られ、池や沼の神秘さや可憐さをイメージした爽やかなカラーを採用しました。簡単にバンド交換可能なスライドレバーを採用することで、ハイキングや様々なスタイルに合わせて楽しめるモデルです。

方位、気圧/ 高度、温度をワンプッシュで計測できるトリプルセンサーをはじめ、世界6局の標準電波に対応するマルチバンド6、各種機能を安定的に駆動させるタフソーラーなどの高い実用性も備えます。暗所においては腕を傾けるだけで自動点灯するフルオートライトにより様々なアクティビティをサポート。

設立70周年を迎え、豊かな自然と人間が共生する社会を目指して活動するNACS-Jと、自然を愛する人のためにギアとしての進化を続ける本格アウトドアウオッチPRO TREKとのアニバーサリーイヤーを飾るに相応しいコラボレーションモデルの登場です。

基本情報

  • 発売日:3月5日(金)予定
  • 価 格:51,700円(税込)

NACS-J会員、寄付サポーター割引有。

 

仕様

  • タフソーラー(ソーラー充電システム)
  • 10気圧防水機能
  • 電波受信機能:自動受信(最大6回/日)(中国電波は最大5回/日)/手動受信、<日本>受信電波:JJY、周波数:40kHz/60kHz(福島/九州両局対応モデル) <北米地域>受信電波:WWVB、周波数:60kHz <ヨーロッパ地域>受信電波:MSF/DCF77、周波数:60kHz/77.5kHz <中国>受信電波:BPC、周波数:68.5kHz *ホームタイム設定を受信可能な都市に設定すると、都市に合わせた局を受信します。尚、時差は選択した都市によって設定されます。
  • ワールドタイム:世界48都市(31タイムゾーン、サマータイム設定機能付き)+UTC(協定世界時)の時刻表示、ホームタイムの都市入替機能
  • 方位計測機能:16方位・方位の角度(0~359°)を計測、東西南北をグラフィック表示、方位連続計測(60秒)、ベアリングメモリー(目標(目的地)の方位を記録して記録した方向を示す)、磁気偏角補正機能、方位補正機能(2点補正)
  • 気圧計測機能(計測範囲:260~1,100hPa、1hPa単位)、気圧傾向グラフ(42時間分)、気圧差インジケーター(±10hPa)、気圧傾向インフォメーションアラーム(特徴的な気圧の変化が起こった場合に矢印と報音でお知らせします)
  • 高度計測機能/相対高度計(計測範囲:-700~10,000m、1m単位)、高度差インジケーター(±3000m)、高度傾向グラフ、計測間隔設定機能(5秒/2分毎)※最初の3分間のみ1秒毎、高度メモリー(計測年月日・時刻・高度を最大30本マニュアルメモリー)、自動記録データ(最高/最低高度、オート積算(上昇/ 下降)メモリー)
  • 温度計測機能(計測範囲:-10~60℃、0.1℃単位)
  • 日の出・日の入時刻表示
  • ストップウオッチ(1/10秒、1000時間計、スプリット付き)
  • タイマー(セット単位:1分、最大セット:24時間、1秒単位で計測)
  • 時刻アラーム5本(1本のみスヌーズ機能付き)・時報
  • バッテリーインジケーター表示
  • パワーセービング機能(暗所では一定時間が経過すると表示を消して節電します)
  • フルオートカレンダー
  • 12/24時間制表示切替
  • 耐低温仕様(-10℃)
  • 操作音ON/OFF切替機能
  • LEDバックライト(フルオートライト、スーパーイルミネーター、残照機能、残照時間切替(1.5秒/3秒)付き)
  • フル充電時からソーラー発電無しの状態での駆動時間
  • 機能使用の場合:約6ヵ月
  • パワーセービング状態の場合:約22ヵ月

※電波受信が行われない場合は、通常のクオーツ精度(平均月差±15秒)で動作します。
※高度計は気圧変化を高度に変換する相対高度計です。気圧が気象条件により変化すると、計測値の高度も変化します。

製品についてのお問い合わせ

カシオ計算機株式会社 お客様相談室
03-5334-4869(時計専用) URL:protrek.jp

本リリースに関するお問い合わせ

日本自然保護協会 担当:岩橋・三好
shizen@nacsj.or.jp  03-3553-4101(受付時間:10時30分~15時)
〒104-0033 東京都中央区新川1-16-10 ミトヨビル2F
※コロナ感染拡大防止の観点からNACS-J事務局ではテレワークを推奨しています。そのため、お問合せはお手数ですが上記メールアドレスへご連絡ください。ご理解のほどよろしくお願いします。