日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

  • 文字サイズ

メディアの方へ/プレスリリース

Home メディアの方へ/プレスリリース 記事一覧 「第5回わぉ!な生きものフォトコンテスト」のグランプリを発表

2020.02.28(2020.02.26 更新)

「第5回わぉ!な生きものフォトコンテスト」のグランプリを発表

公益財団法人日本自然保護協会は、ソニー株式会社と協働する「わぉ!わぉ!生物多様性プロジェクト」において「第5回わぉ!な生きものフォトコンテスト」を開催し、グランプリほか入選作品を発表しました。

公益財団法人日本自然保護協会(理事長 亀山章、以下NACS-J)は、ソニー株式会社(以下、ソニー)と協働した「わぉ!わぉ!生物多様性プロジェクト」(※1)の活動を通じて、生物多様性保全の普及啓発を行っています。

プロジェクトの恒例企画である「第5回 わぉ!な生きものフォトコンテスト」を開催し(応募期間2020年11月1日~2020年1月19日)、605名から計1,191件の応募作品がありました。

特別審査員の茂木健一郎さん(脳科学者)とともに審査を行い、グランプリはじめ入賞作品を計25件選出し、WEBで公表しました。
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/csr/eco/spotlight/waowao/photocontest.html

【入選】※受賞者名はペンネームを含みます。

■ わぉ!グランプリ(賞品 APS-Cセンサー搭載ミラーレス一眼カメラ )

▲ 「落ち葉のドレス」(ゆきてぃん)

エピソード:落ち葉の道で娘がきれいな色の葉っぱをたくさん持ってきて「葉っぱのお姫様になって、こんなカラフルなドレスが着れたらいいのにねぇ」って言うから、驚かせようと思ってこれを撮りました♪ もちろん娘はかわいいー!って大喜び!お姫様になれたね^ ^

■ わぉ!博士賞 2名
(賞品 デジタル4Kビデオカメラレコーダーアクションカム )
「こんな、木戸だったっけ?」(青木 敏子)
「どちら様ですか!?」(tick.taku.tick.taku)

■ わこちゃん・おっくん賞 4名
(賞品 自然観察グッズ・スケッチブック、色鉛筆、虫眼鏡、ルーペ付きケース)
「小さい秋見つけた」(笹田 雅代)
「わぉ!抱かれている」(克ちゃん)
「鏡餅じゃないよ」(arimat)
「貫禄」(コイズミ)

■ 佳作 18名 (賞品 粗品)

【開催概要】
主催:公益財団法人 日本自然保護協会、ソニー株式会社
応募テーマ:わぉ!、おもしろい、感動した、人に伝えたいと思った自然のなかの生きもの(植物・動物)の写真とエピソード
応募受付期間:2019年11月1日(金)~2020年1月19日(日)
審査員:茂木健一郎(脳科学者)、秋山幸也(相模原市立博物館学芸員)、わぉ!わぉ!生物多様性プロジェクト事務局
写真展:全国各地で入選作品の写真展を開催します。

>> 入選作品はこちらのサイトでご覧になれます。
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/csr/eco/spotlight/waowao/photocontest.html

 

 

※1「わぉ!わぉ!生物多様性プロジェクト」とは

生物多様性を守るには多くの人が自然を好きになることが大切。その想いから、NACS-Jとソニーが2015年に協働して立ち上げたプロジェクト。自然観察会や保全活動などの自然に触れる「体験」と、フォトコンテストやFacebookによる発見や感動の「共有」。この2つの側面から、多くの方に自然のおもしろさや大切さを伝えています。
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/csr/eco/spotlight/waowao