日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

  • 文字サイズ

壊れそうな自然を守る

Home 主な活動 壊れそうな自然を守る 【ご支援のお願い】サンゴ礁の海、沖縄&奄美の自然を守る活動へのご支援をよろしくお願いします!

壊れそうな自然を守る 一覧へ戻る

2022.01.01(2022.06.13 更新)

【ご支援のお願い】サンゴ礁の海、沖縄&奄美の自然を守る活動へのご支援をよろしくお願いします!

ご寄付

テーマ:海の保全

フィールド:

沖縄や奄美など琉球諸島の海には、生物多様性豊かなサンゴ礁の自然が残されています。しかし、これらの海域では埋立てなどの開発や気候変動の影響で危機的な状況にあります。保護区の設定や効果的な対策のためにも市民参加型のモニタリング調査を行うことが重要です。

沖縄の辺野古・大浦湾は世界的に高い評価を持つため「ホープスポット(希望の海)」に認定されました。より多くの方に知ってもらうために地域の団体と普及啓発の看板を名護市内に設置する計画をしています。その制作・設置の資金が必要です。

沖縄・奄美の豊かな自然と人のくらしを守るために、みなさまのご支援をお願いします。


ご寄付が私たちの活動を支えています

あなたのご寄付が、市民参加による科学的な調査活動や、人材育成の資金になります。

意見書・要望書は10年間で140通以上

辺野古・大浦湾の埋立て工事の中止や、「瀬戸内町のアマミホシゾラフグ」「大浦湾のアオサンゴ群集」「長島の洞窟」の天然記念物指定などサンゴ礁の保全の働きかけをしてきました。

ホープスポットの看板をたてます

ホープスポット(希望の海)に認定された辺野古·大浦湾の重要性を伝える看板を名護市東海岸に制作·設置する資金になります。

だれでも参加できるセミナーの開催

シルヴィア・アール博士の写真

国内外の専門家や活動家、市民を交え、沖縄・奄美の自然の豊かさと保全の重要性を発信します。

ご寄付いただいたみなさまに

保護活動へのご支援(1万円以上)のお礼に、ご寄付に応じたお礼品をお届けします。お礼品の対応は2022年10月末日まで。お礼品の在庫がなくなり次第終了となります。

•1万円以上:
マーケットバッグ1つ
•2万円以上:
マーケットバッグ2つ
•3万円以上:
マーケットバッグ1つ+Tシャツ「Wetland」1着
*サイズをご選択ください

新色のエコバッグの写真

「海想」エコマーケットバッグ

軽くて丈夫で使いやすいパラシュート生地を使用した肩がけのバッグ。色の選択はお任せください。

エコマーケットバッグを畳んだ状態の画像

「海想」エコマーケットバッグ 詳細(外部サイトへ移動します)

「海想」オーガニックTシャツ「Wetland」

オーガニックコットン100%沖縄の湿地に棲む33種類の生物が背面に描かれています。

「海想」オーガニックTシャツ「Wetland」詳細(外部サイトへ移動します)

 

ご寄付の方法

こちらのフォームよりお手続きください↓↓↓

サンゴ礁の海 沖縄&奄美の自然を守りたいを支援する!

フォーム内の「寄付の使徒」は、「10.サンゴ礁の海と沖縄の自然を守る」をご指定ください。
フォームの備考欄に、ご希望のお礼品とサイズをご記入ください。

寄付申込みフォームの画像

▲画像をクリックすると寄付ページに移動します。

 


公益財団法人 日本自然保護協会(NACS-J)
〒104-0033 東京都中央区新川1-16-10 ミトヨビル2F
TEL:03-3553-4101 MAIL:nature@nacsj.or.jp

壊れそうな自然を守る 一覧へ戻る

あなたの支援が必要です!

×

NACS-J(ナックスジェイ・日本自然保護協会)は、寄付に基づく支援により活動している団体です。

継続寄付

寄付をする
(今回のみ支援)

月々1000円のご支援で、自然保護に関する普及啓発を広げることができます。

寄付する