日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

自然の守り手を増やす

Home 主な活動 自然の守り手を増やす 記事一覧 観察路コンクール入賞作品決定!

自然の守り手を増やす 一覧へ戻る

2018.01.01(2017.12.25 更新)

観察路コンクール入賞作品決定!

報告

専門度:専門度2

中学生の部 環境大臣賞 金重文殊 「神戸開港・生命150年の歩み~海と山と都市に生きる~」

テーマ:環境教育

第34回となる「自然は友だち わたしの自然観察路コンクール」の入賞作品が決まりました!

今年は小学生11件、中学生11件、高校生9件、団体部門3件の合計34作品が入賞となりました。

昨年度から始めた団体部門では、学校の部活や地域のつながりでの応募が目立つようになってきました。また、高校生部門と団体部門では、いくつかの観察ポイントについて詳しいリポートを付けてもらっています。その内容は外来種問題や在来種への人為的インパクトについてなど、自然保護問題をしっかりと切り取っていることが多く、はっとさせられます。

身近な自然を自分で観察し、絵地図と作文で表現するこのコンクールで、たくさんの子どもたちの自然観察力が高められている様子がうかがえます。たくさんのご応募、ありがとうございました! 入賞作品は下記からご覧ください。

http://kansatsuro.nacsj.or.jp/

 

 

担当者から一言

広報会員連携室 幸地彩子
届く作品は好奇心と知識欲にあふれていて見応え抜群です!

 

この記事のタグ

自然の守り手を増やす 一覧へ戻る