日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

  • 文字サイズ

自然観察会・環境教育

Home 自然を知って楽しく伝えよう ニュース&トピックス 【自然のちからニュース】赤谷の森で株式会社ニコンの社員有志の皆様がボランティア活動を実施!

自然観察会・環境教育 ニュース&トピックス 一覧に戻る

2016.11.14

【自然のちからニュース】赤谷の森で株式会社ニコンの社員有志の皆様がボランティア活動を実施!

日本自然保護協会(以下、NACS-J)の活動を支えてくださっている株式会社ニコンの社員有志の皆様が、NACS-Jの活動地である「赤谷の森」でボランティア活動をしてくださいました。NACS-Jや赤谷プロジェクトの関係者だけでは人手が足りない作業も大人数だととってもはかどり、大変助かりました。お越しいただいた皆様、どうもありがとうございました!

NACS-Jは、多くの皆様に支えられ、「赤谷の森」(群馬県みなかみ町)を舞台に、生物多様性の豊かな森づくりと持続的な地域づくりを目指す「赤谷プロジェクト」を実施しています。株式会社ニコンは、NACS-Jの活動を会員としても支えてくださっていると同時に、2005年から赤谷プロジェクトに調査・記録用機材をご提供くださり、温かいご支援を継続してくださっています。

 

そして、本年10月、株式会社ニコンの社員有志の皆様が19名も集まってくださり、赤谷の森でボランティア活動をしてくださいました。ボランティアの内容は、赤谷の森のなかで人工林だった場所を元々の自然林の森に復元するための除伐作業です。

 


20161114_nikon.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参加者の皆様には、ボランティア活動の前に、赤谷の森のなかでも三国峠周辺に残る自然林の森を歩いて頂き、そもそも自然林の森とはどのような森なのかについて学んで頂きました。

 


20161114_nikon1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、今回のボランティア活動エリアに移動して、復元を目指す自然林の成長を妨げてしまうツル植物や太陽の光を遮っている植物などを除伐してもらう作業を実施しました。このエリアで復元を目指す自然林の森は、ブナ、イヌブナ、ミズナラ、ホオノキ、オニイタヤ、クリ、カスミザクラ、ウワミズザクラなどの森です。

 


20161114_nikon2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時間的には2時間程度の作業でしたが、大人数で実施したおかげでとってもはかどりました。NACS-Jでは、このボランティア活動で、本来の自然の森の姿に戻る時間を少しでも早めることができればと考えています。今回の作業の効果をしっかりと確認しつつ、これからも活動を進めていく予定です。

 

ボランティア活動をしてくださった株式会社ニコンの社員有志の皆様、本当にどうもありがとうございました!またぜひ赤谷の森にお越しください。

 

 

※株式会社ニコンの赤谷プロジェクト支援の紹介ページは以下URLよりご覧ください。

http://www.nikon.co.jp/sustainability/contribution/earth/akaya-project/index.htm

 

※日本自然保護協会の活動は皆様からの会費やご寄付で支えられています。日本自然保護協会の活動にご支援をよろしくお願いいたします。

https://www.nacsj.or.jp/sanka/index.html

 

 

公益財団法人 日本自然保護協会

自然のちから推進室 担当:岩橋、三好

TEL:03-3553-4101 Mail : shizen@nacsj.or.jp

自然観察会・環境教育 ニュース&トピックス 一覧に戻る