日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

  • 文字サイズ

自然観察会・環境教育

Home 自然を知って楽しく伝えよう ニュース&トピックス 【自然のちからニュース】株式会社ニコンよりご寄贈いただいた撮影機材が赤谷の森で大活躍!!

自然観察会・環境教育 ニュース&トピックス 一覧に戻る

2016.10.28

【自然のちからニュース】株式会社ニコンよりご寄贈いただいた撮影機材が赤谷の森で大活躍!!

日ごろより日本自然保護協会(以下、NACS-J)の活動を支えてくださっている株式会社ニコンが、イヌワシをはじめ猛禽類の調査に欠かすことのできない高性能な撮影機材一式をご寄贈くださいました。さっそくNACS-Jの活動地である「赤谷の森」にくらすイヌワシのモニタリング調査で大活躍。大切に使わせていただいております。

NACS-Jは、多くの皆様に支えられ、「赤谷の森」(群馬県みなかみ町)を舞台に、生物多様性の豊かな森づくりと持続的な地域づくりを目指す「赤谷プロジェクト」を実施しています。株式会社ニコンは、NACS-Jの活動を会員としても支えてくださっていると同時に、2005年から赤谷プロジェクトに調査・記録用機材をご提供くださり、温かいご支援を継続してくださっています。

 

本年度は、D500 16-80 VR レンズキットとAF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VRをご提供くださり、さっそく赤谷の森で大活躍。赤谷の森で7年ぶりに子育てに成功したイヌワシの親子が大空を舞う写真も撮影に成功しました。

 


20161028_nikon1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真は頂いた機材で10月2日に撮影したイヌワシの親子です。左が幼鳥、右が親鳥(撮影者:松田大介)。

 

なかなか自分たちでは購入することのできない高価な機材をご提供いただいた株式会社ニコンの皆様には、8月の贈呈式の際にNACS-Jより感謝状をお渡しさせていただきました。いつも温かいご支援を本当にどうもありがとうございます。

 

 


20161028_nikon2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤谷プロジェクトでは、森林の生物多様性の豊かさを示す指標種として、生態系ピラミッドの上位にいる絶滅危惧種「イヌワシ」 の繁殖率等を調べるモニタリング調査を続けてきました。今年、7年ぶりに赤谷の森でイヌワシが子育てに成功し、2年前にスタートしたイヌワシの狩場の創出試験も順調に進行していることが科学的にも明らかになりました。そして、この2年間の取り組みが、11月6日(日)放送のNHK総合「ダーウィンが来た!生きもの新伝説」で放送・紹介されます。

 

NHKの放送は、普段なかなかご覧いただけない「赤谷の森」を、TV画面を通して見ることのできるとても貴重な機会です。株式会社ニコンの皆様をはじめ、多くの皆様からのご支援で守り続けることができている「赤谷の森」をこの機会にどうぞご覧ください。

 

NHK総合「ダーウィンが来た!生きもの新伝説」

2016年11月6日(日)午後19時30分~20時 放送予定

(※ニュースなどで変更の可能性もあります)

また、NACS-Jでは、イヌワシの特設ウェブサイト「イヌワシタイムズ(INUWASHI TIMES)」を新たに開設いたしました。ぜひご覧ください。

https://www.nacsj.or.jp/inuwashi-times/

 

 

 

※株式会社ニコンの赤谷プロジェクト支援の紹介ページは以下URLよりご覧ください。

http://www.nikon.co.jp/sustainability/contribution/earth/akaya-project/index.htm

 

※日本自然保護協会の活動は皆様からの会費やご寄付で支えられています。日本自然保護協会の活動にご支援をよろしくお願いいたします。

 

 

 

公益財団法人 日本自然保護協会
自然のちから推進室 担当:岩橋、三好
TEL:03-3553-4101 Mail : shizen@nacsj.or.jp

自然観察会・環境教育 ニュース&トピックス 一覧に戻る