日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

  • 文字サイズ

自然観察会・環境教育

Home 自然を知って楽しく伝えよう ニュース&トピックス 【自然のちからニュース】「えがおの森保育園・いの」で赤谷の森のカスタネットを使ったワークショップを開催しました!

自然観察会・環境教育 ニュース&トピックス 一覧に戻る

2016.06.28

【自然のちからニュース】「えがおの森保育園・いの」で赤谷の森のカスタネットを使ったワークショップを開催しました!

日本自然保護協会(以下、NACS-J)は、群馬県みなかみ町で実施している「赤谷プロジェクト」に長年ご支援をいただいている株式会社千趣会(以下、千趣会)と一緒に、「えがおの森保育園・いの」(千葉県佐倉市)で赤谷の森のカスタネットを使ったワークショップを開催しました。3才から5才の園児31名とその保護者が参加し、笑顔いっぱいのワークショップになりました。


20160708_senshukai1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NACS-Jは、千趣会のグループ会社のひとつ株式会社千趣会チャイルドケアが運営する「えがおの森保育園・いの」(千葉県佐倉市)で赤谷の森のカスタネットを使ったワークショップを開催しました。

 


20160708_senshukai2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワークショップでは、紙芝居や写真スライドを使って赤谷の森の紹介をした後、赤谷の森で生まれたカスタネットに園児が色付け。世界でひとつだけのオリジナルカスタネット作りを体験してもらいました。

 


20160708_senshukai3.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワークショップの最後は、作ったばかりのカスタネットを使って「おもちゃのチャチャチャ」の演奏会。みんな明るく元気で、笑顔がたくさんあふれていました。

 

「えがおの森保育園・いの」の皆様、千趣会の皆様、本当にどうもありがとうございました。

 

NACS-Jは、群馬県みなかみ町の「赤谷(あかや)の森」を舞台に、生物多様性の復元と自然を活かした持続的な地域づくりを目指す「赤谷プロジェクト」を実施しています。千趣会はこの「赤谷プロジェクト」の活動を長年にわたって支えてくださっています。

http://www.senshukai.co.jp/main/top/photo_gallery/index.html

(※千趣会が制作してくださった赤谷プロジェクトのフォトギャラリー)

 

そして、今回のワークショップで使った赤谷の森のカスタネットは、赤谷の森の麓にあり、あの赤と青のカスタネットを作り続けてきたカスタネット工房(旧・プラス白桜社)のご協力をいただき3年前に誕生しました。

NACS-Jでは、このカスタネットを使ったワークショップを通じて、森や生物多様性の大切さを伝える活動も積極的におこなっています。

 

赤谷の森のカスタネットは、「タン♪タタン♪」という懐かしい響きとともに、森も地域も元気にするカスタネットです。赤谷の森のカスタネットを使ったワークショップにご興味のある方はお問い合わせください。

 

※赤谷プロジェクトをはじめ、日本自然保護協会の活動は皆様からの会費やご寄付で支えられています。日本自然保護協会の活動にご支援をよろしくお願いいたします。

https://www.nacsj.or.jp/sanka/index.html

 

公益財団法人 日本自然保護協会

自然のちから推進室 担当:岩橋、三好

TEL:03-3553-4101 Mail : shizen@nacsj.or.jp

自然観察会・環境教育 ニュース&トピックス 一覧に戻る