日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

自然保護セミナー

Home 自然を知って楽しく伝えよう 自然保護セミナー ニュース&トピックス 【自然のちからニュース】NACS-J市民カレッジ シリーズ38「大海原を旅して日本をめざす ウミガメからのメッセージ」を開催しました!

自然保護セミナー ニュース&トピックス 一覧に戻る

2016.07.03

【自然のちからニュース】NACS-J市民カレッジ シリーズ38「大海原を旅して日本をめざす ウミガメからのメッセージ」を開催しました!

今、地球上にいるすべての種が絶滅の危機に瀕している「ウミガメ」。日本自然保護協会(以下、NACS-J)は2016年度、愛知県の表浜海岸で、砂浜の人工構築物がアカウミガメの産卵行動に与える影響を調べ、砂浜の保護に取り組んでいます。

20160703_ncolle2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のNACS-J市民カレッジ(以下、Nカレ)は、愛知県表浜海岸でアカウミガメと砂浜保全に取り組むNPO法人表浜ネットワーク代表 田中雄二さんをお招きし、「大海原を旅して日本をめざす ウミガメからのメッセージ」というテーマでお話しいただきました。


20160703_ncolle3.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏の間はほぼ毎朝、GPSを使ってウミガメのタートル・トラック(足跡)を追う調査を行っている田中さん。産卵の様子や、砂浜をはって海をめざす子ガメ、人工構築物にはばまれて必死で産卵場所を探すウミガメの様子など実際の動画を映しながら、生態や保護活動の現状について熱く語ってくださいました。

 

参加者からも「子ガメ放流会(方法)の問題点がよくわかった」「砂浜保護活動をやってみたいと思った」など、たくさんの真剣なコメントをいただきました。ご参加いただいた皆様、どうもありがとうございました。

 


20160703_ncolle4.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NPO法人表浜ネットワークではウミガメの生態を考慮し、母親のウミガメに産卵地である砂浜を返す保護活動を行っています。NACS-Jも2016年度、砂浜の人工物がウミガメに与える影響について、田中さんと一緒に調査し、砂浜保護に力を入れて取り組みます。

 

なお、今回のNカレは三菱商事株式会社のご協力をいただきました。Nカレはこれからもいろいろなテーマで開催を予定しています。次回もお楽しみに!

 

 

※Nカレをはじめ、日本自然保護協会の活動は皆様からの会費やご寄付で支えられています。日本自然保護協会の活動にご支援をよろしくお願いいたします。

http://www.nacsj.or.jp/sanka/index.html

 

 

公益財団法人 日本自然保護協会

自然のちから推進室 担当:高木、高津、岩橋

TEL:03-3553-4101 Mail : n-college@nacsj.or.jp

自然保護セミナー ニュース&トピックス 一覧に戻る