日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

  • 文字サイズ

中池見湿地の保全

Home 守った自然をもっと良くする 中池見湿地の保全 ニュース&トピックス 【10/12・東京】シンポジウム「ラムサール条約湿地の守り方最前線~中池見湿地・北陸新幹線問題からの発信~」を開催します。

中池見湿地の保全 ニュース&トピックス 一覧に戻る

2015.08.19

【10/12・東京】シンポジウム「ラムサール条約湿地の守り方最前線~中池見湿地・北陸新幹線問題からの発信~」を開催します。

ラムサール条約湿地の守り方最前線

~中池見湿地・北陸新幹線問題からの発信~

 

国際条約に重要な湿地として指定されるラムサール条約湿地は、「湿地の保全及びワイズユース(賢明な利用)」を目指し、自国の法律と地域の市民の活動によって保全されています。
しかし、中池見湿地(福井県敦賀市)では2012 年に条約湿地に登録した直後に湿地を貫通する北陸新幹線の開発計画が公表されました。その後、市民・NGO による保護活動の結果、今年5月にルートの見直しが実現しました。これには、ラムサール条約事務局など国際機関との連携がとても大きな力になりました。
ただ、現在のルートでも条約湿地内の開発という問題が残ります。
条約湿地を守るために今後どうすればいいのか、皆さんと一緒に考えます。
※当日のシンポジウムの様子はウェブサイト「Ustream」にてライブ配信する予定です(下記参照)。


20151012nakaikemisimpo_chirashi_fin.jpg

【開催要項】 ●ちらしPDF(1MB)
日時:2015年10月12日(月・祝) 13:30~16:30
場所:中央区立環境情報センター 研修室(東京都中央区京橋三丁目1番1号東京スクエアガーデン6階)地図
主催:公益財団法人 日本自然保護協会(NACS-J)
定員:80人(先着順)
参加費:無料

 

プログラム(予定)
■講演
●「中池見湿地の保護活動と国際機関との新たな連携の可能性」
  福田真由子・道家哲平(公益財団法人 日本自然保護協会)
●「地元での活動報告と今後の取り組み」
  笹木智恵子氏(NPO法人ウェットランド中池見)
●「中池見湿地からみえる制度的な課題とモニタリング調査の重要性」
  吉田正人氏(筑波大学大学院教授・IUCN日本委員会会長)
■パネルディスカッション
「条約湿地を守るために何が必要か」
 呉地正行氏(日本雁を保護する会、ラムサール・ネットワーク日本)を迎え会場を交えて話し合います。

 

申込み方法:①お名前 ②所属 ③お住まいの都道府県 ④メールアドレス等連絡先を下記の「申し込みフォーム」又はメール・FAX・電話にて10月9日(金)12:00までにお知らせください。
※当日参加もできますが、資料準備のためにできるだけ事前申し込みをお願いします。

 

申込み・問い合わせ先:公益財団法人日本自然保護協会
中池見湿地シンポジウム係 担当:福田真由子
〒104-0033 東京都中央区新川1-16-10 ミトヨビル2F
Tel:03-3553-4104 Fax:03-3553-0139
Eメール:satoyama@nacsj.or.jp ※スパムメール対策のため@を大文字にしてあります。小文字にして送信してください。
申し込みフォーム:https://goo.gl/X0dYPA

 

シンポジウムのライブ中継(Ustream NACS-Jチャンネル):http://goo.gl/od5Yc

 

(2015.10.13追記)
シンポジウムのライブ中継録画を下記でご覧いだだけます。
(Youtube 日本自然保護協会チャンネル

 

・後半パネルディスカッション https://www.youtube.com/watch?v=HlVNbhFx6xc

中池見湿地の保全 ニュース&トピックス 一覧に戻る

あなたの支援が必要です!

×

NACS-J(ナックスジェイ・日本自然保護協会)は、寄付に基づく支援により活動している団体です。

継続寄付

寄付をする
(今回のみ支援)

月々1000円のご支援で、自然保護に関する普及啓発を広げることができます。

寄付する