日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

  • 文字サイズ

旧事務局日誌

Home 旧事務局日誌 リアルタイム日誌 ラムサール条約湿地・中池見湿地の北陸新幹線問題7月13日に第2回目の専門家委員会が開催されました

リアルタイム日誌 ニュース&トピックス 一覧に戻る

2014.07.14

ラムサール条約湿地・中池見湿地の北陸新幹線問題
7月13日に第2回目の専門家委員会が開催されました

icon_m_fukuda.jpg 保護・研究部の福田真由子です。
 
福井県敦賀市の中池見湿地に計画されている北陸新幹線の影響評価の調査について話し合う事後調査委員会の第2回目会合が7月13日に開催されました。
議事録等はまだ公開されていませんが、ニュースによると委員会では半年間の調査結果について報告・検討され、12月まで引き続き調査を行って次の委員会が開催されることになったようです。
 


20140710pressrelease_fig.jpg

中池見湿地は、2012 年7 月にラムサール条約に登録されましたが、その翌月2012年8月に当初のルートよりも条約登録湿地の内側を貫通する計画が公開されました(右図)。
当初案よりも湿地への影響がより大きくなることが懸念され、ラムサール条約事務局長が来日して現地を視察するなど国際的にも注目されています。
 
そこで、今回、すでに終了した環境アセスメントでは行われていなかった新ルートによる影響が、確実に調査・予測・評価されるよう、地元市民団体と共に要望書を提出したのです。詳細は下記のウェブサイトをご覧ください。
 
NACS-Jが要望した内容について、委員会でどのように議論されたのかはまだ確認できていませんが、委員会での議論は来年3月に結論が出される予定となっています。NACS-Jは今後も注視していきます。
 
●日本自然保護協会 プレスリリース(7月10日)
 
●中池見湿地の調査に自然保護協会が要望(7月11日産経新聞)
 
●鉄道運輸機構が中池見湿地の調査継続へ(7月13日・日テレニュース24)
 
 

20140714nakaikemizenkei.JPG
 

リアルタイム日誌 ニュース&トピックス 一覧に戻る

あなたの支援が必要です!

×

NACS-J(ナックスジェイ・日本自然保護協会)は、寄付に基づく支援により活動している団体です。

継続寄付

寄付をする
(今回のみ支援)

月々1000円のご支援で、自然保護に関する普及啓発を広げることができます。

寄付する