日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

  • 文字サイズ

旧事務局日誌

Home 旧事務局日誌 リアルタイム日誌 泡瀬干潟を守る連絡会と泡瀬干潟のサンゴ調査を行いました。

地域活動支援 ニュース&トピックス 一覧に戻る

2012.01.11

泡瀬干潟を守る連絡会と泡瀬干潟のサンゴ調査を行いました。

icon_abe.jpg保護プロジェクト部の安部です。

泡瀬干潟 サンゴ調査

1月9日に泡瀬干潟を守る連絡会と泡瀬干潟のサンゴ調査を行いました。
合計17名のボランティアに参加いただき、泡瀬干潟の埋め立て地から約2kmほど離れた場所に生息しているサンゴ群集の調査を行いました。
毎年定点で行っているモニタリング調査です。
昨年5月の調査時にはサンゴの被度(海底を覆っている生きているサンゴの割合)は41.9%と2008年調査時よりも少し回復していたのですが、今回の調査の結果ではまた26.9%と低下していました。
昨年の調査時点では工事が一時中断していたので環境が一時的に良くなり回復したものと思われますが、昨年10月末より再開された工事の影響が出ている可能性が高いと思われます。
調査について新聞報道されました。
沖縄タイムス:泡瀬サンゴ被度 前年比15ポイント減
図:生きているサンゴの割合の変化
泡瀬干潟 サンゴの割合

地域活動支援 ニュース&トピックス 一覧に戻る