日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

  • 文字サイズ

旧事務局日誌

Home 旧事務局日誌 リアルタイム日誌 「カンムリウミスズメと上関(瀬戸内海)の生物多様性」国際シンポジウム

地域活動支援 ニュース&トピックス 一覧に戻る

2011.04.08

「カンムリウミスズメと上関(瀬戸内海)の生物多様性」国際シンポジウム

福島第一原発事故の状況を毎日、固唾を飲んで見守りながら
改めて原子力発電の危険性や問題点について考えた人も
多いと思います。

そして、山口県熊毛郡上関町長島には
上関原子力発電所の建設計画があります。

上関は、瀬戸内海で最後に残された生物多様性のホットスポットであり、
国際的な保護鳥でもあるカンムリウミスズメが世界で唯一、
一年を通じて生育する海域です。

この”奇跡の海”を守ろうと4月10日(日)、
広島で国際シンポジウムが開かれます。
NACS-Jも後援しており、保護プロジェクト部の大野と安部が参加の予定です。
お近くにお住まいの方、関心をお持ちの方、
ぜひ足を運んでください!!

■国際シンポジウム
「カンムリウミスズメと上関(瀬戸内海)の生物多様性」
~奇跡の海を守ろう~

開催日:  2011年4月10日(日) 10:00 ~ 17:00
開催場所: 広島市平和記念公園内 国際会議場「ヒマワリ」
主  催:  長島の自然を守る会

>>詳しくはこちら

地域活動支援 ニュース&トピックス 一覧に戻る

あなたの支援が必要です!

×

NACS-J(ナックスジェイ・日本自然保護協会)は、寄付に基づく支援により活動している団体です。

継続寄付

寄付をする
(今回のみ支援)

月々1000円のご支援で、自然保護に関する普及啓発を広げることができます。

寄付する