日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

  • 文字サイズ

川辺川ダム建設計画問題

Home なくなりそうな自然を守る 川辺川ダム建設計画問題 ニュース&トピックス 「ダム予定地周辺でのクマタカ調査結果を公表し、影響評価/、保全対策を、専門家の客観的な関与のもとで検討すべき」

川辺川ダム建設計画問題 ニュース&トピックス 一覧に戻る

2000.03.14

「ダム予定地周辺でのクマタカ調査結果を公表し、影響評価/、保全対策を、専門家の客観的な関与のもとで検討すべき」

NACS-Jは3月14日、熊本県の川辺川ダム建設事業と岐阜県の徳山ダム建設事業に関する意見書を提出し、同日午後、環境庁記者クラブで記者発表を行いました。

発表者席にはNACS-J保護研究部長の吉田をはじめ、「クマタカを守る会」、「川辺川ダム環境アセス請願実行委員会」、「熊本県クマタカ調査グループ」、「美しい球磨川を守る市民の会」、「自然観察指導員熊本連絡会」、「子守唄の里・五木を育くむ清流川辺川を守る県民の会」といった地元熊本県のNGOの代表の方々が並びました。

NACS-Jでは川辺川ダム建設事業に対しては、「ダム予定地周辺でのクマタカ調査結果を公表し、影響評価、保全対策を、専門家の客観的な関与のもとで検討すべき」とした意見書を、建設大臣及び環境庁長官に提出しました。

また同日、岐阜県の徳山ダム建設事業に対しても、「猛禽類調査、影響評価、保全対策は、事業者の判断のみで実施せず、専門家の客観的な判断を尊重すべき」という内容の意見書を、水資源開発公団総裁、建設大臣、環境庁長官あてに提出しました。

いずれの事業も数十年前に計画された大型の公共事業で、本体工事の着工が目前に迫っています。NACS-Jはこれらの事業による地域の自然環境への大きな影響を懸念し、計画の見直し、工事を一時中断しての詳細な調査等を求めています。

ダム建設予定地周辺の猛禽類等の保全に関する意見書


平成12年3月14日

建設大臣  中山正暉 殿
環境庁長官 清水嘉与子殿

(財)日本自然保護協会会長
沼田 眞

川辺川ダム建設予定地周辺の猛禽類等の保全に関する意見書

川辺川ダム建設が予定されている周辺には、環境庁のレッドデータブックの絶滅危惧種、絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律の政令指定種に指定されているクマタカの生息が確認されています。しかし建設省は、川辺川ダム事業審議委員会において、川辺川ダム建設予定地の直近に生息するクマタカの存在を委員に知らせないまま、ダム事業審議委員会を終了しました。

これに対して、熊本県クマタカ調査グループは、当協会の協力と指導のもとに、1996年11月から自主的な調査を開始し、谷ごとのクマタカの生息と繁殖状況の確認、コアエリアを始めとする内部構造の特定など、ダム計画による土地改変がクマタカに与える影響を把握するため、クマタカの生息環境利用に着目した生息状況調査を実施してきました。

この調査活動により、川辺川ダムサイト周辺の3つの谷には、少なくとも8個体以上のクマタカが生息し、とくにダム原石山予定地周辺を繁殖テリトリー(主要な採餌場所及び営巣地、若鳥の養育範囲)とするペアには大きな影響が及ぶことが予測されました。

この調査結果は、昨年12月に、「熊本県川辺川クマタカ生息現況調査-川辺川ダム開発計画が繁殖地に与える影響」としてまとめられ、その概要版は川辺川工事事務所にも提出されました。また、中間報告書本編と川辺川工事事務所による調査報告書の交換を申し入れています。しかしながら、建設省からはこれに対する具体的な対応策が未だ出されていません。

ついては当協会は、建設大臣、環境庁長官に対して、以下のとおり意見を申し述べます。

  1. 建設大臣は、川辺川ダム予定地周辺で実施している川辺川工事事務所によるクマタカ調査結果を適切な方法で公表し、民間団体の調査結果とすりあわせを行った上で、それに対する影響評価、保全対策を、猛禽類専門家の客観的な関与のもとで検討すべきである。またダム湛水域に水没する九折瀬洞の希少洞穴生物の調査結果についても適切な方法で公表し、それに対する影響評価、保全対策を検討すべきである。
  2. 環境庁長官は、希少生物種の保全に責任を有する立場から、川辺川工事事務所による希少生物種に関する調査資料を入手し、建設省の希少生物種の調査に技術的助言を行い、調査が適切に実施され、影響評価ならびに保全対策が妥当であると認められるまでは、ダム本体工事に着手しないよう、絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存法に基づいて、必要な助言又は指導を行うべきである。

川辺川ダム建設計画問題 ニュース&トピックス 一覧に戻る

あなたの支援が必要です!

×

NACS-J(ナックスジェイ・日本自然保護協会)は、寄付に基づく支援により活動している団体です。

継続寄付

寄付をする
(今回のみ支援)

月々1000円のご支援で、自然保護に関する普及啓発を広げることができます。

寄付する