日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

海辺・干潟・湿地環境の保全

Home なくなりそうな自然を守る 海辺・干潟・湿地環境の保全 ニュース&トピックス 門前クリーンパークの産業廃棄物最終処分場建設事業の許可取消しに関する要望書

海辺・干潟・湿地環境の保全 ニュース&トピックス 一覧に戻る

2018.01.25

門前クリーンパークの産業廃棄物最終処分場建設事業の許可取消しに関する要望書

2018年1月22日

石川県知事
谷本 正憲 殿

(公財)世界自然保護基金ジャパン
(公財)日本自然保護協会
(公財)日本野鳥の会
日本鳥類保護連盟石川県支部
日本野鳥の会石川
森の都愛鳥会

門前クリーンパークの産業廃棄物最終処分場建設事業の許可取消しに関する要望書

平素より、県下での生物多様性の保全にご尽力を頂いておりますことに敬意を表します。
さて、今般、石川県輪島市門前町大釜に門前クリーンパークが計画している産業廃棄物最終処分場(以下、処分場)に関し、石川県廃棄物処理施設専門委員会(以下、専門委員会)が11月21日に処分場の建設による自然環境への影響について「適正な配慮がなされている」との結論を出しました。知事は、専門委員会の結論をもとに、県環境審議会の議論を経ず、11月28日に許可の決定をされました。
私ども自然保護6団体は、去る8月17日に「門前クリーンパーク建設事業に係る自然・環境の保全に関する意見書(1)」を、を、11月14日に「絶滅のおそれのある動・植物の保護施策について(要望)(2)」を貴県に対し提出しました。しかしながら意見内容や要望は、考慮されておらず適正な配慮がされたとは言えません。

また、能登の里山里海は、世界農業遺産に認定されています。指定に向けての知事の御努力は、高く評価しますが、今回の処分場の建設を許可したことは、世界農業遺産の価値を大きく損ねることになります。
このような許可の決定は遺憾であり、処分場が建設されれば、県にとって深い禍根を残すことになります。
私たちは、門前クリーンパーク建設事業の許可を取消すことを強く要望します。

以上

(1)「門前クリーンパーク建設事業に係る自然・環境の保全に関する意見書」
(2)「絶滅のおそれのある動・植物の保護施策について(要望)」

海辺・干潟・湿地環境の保全 ニュース&トピックス 一覧に戻る