日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

沖縄・辺野古 大浦湾の保全

Home なくなりそうな自然を守る 沖縄・辺野古 大浦湾の保全 ニュース&トピックス 辺野古の海を守れ。NGO 31団体が緊急共同声明を発表。

沖縄・辺野古 大浦湾の保全 ニュース&トピックス 一覧に戻る

2015.03.25

辺野古の海を守れ。NGO 31団体が緊急共同声明を発表。

3月25日、辺野古のサンゴ礁を守ろうと、国内外の31の団体が緊急共同声明を参議院議員会館で発表。各団体からメッセージを伝えました。
今回の共同声明には国際的な自然保護団体の日本支部なども名を連ね、この問題への広がりを示しました。NACS-Jからは、保護・研究部の安部真理子が列席し、3月のサンゴ調査などから辺野古の海の現状について報告しました。

辺野古新基地建設に反対するNGO緊急共同声明(PDF/243KB)

 

Joint Urgent Statement of NGOs Opposing the Construction of a New Military Base at Henoko(PDF/388KB)

 


 

2015年3月25日
 

いのちの海とサンゴ礁を守れ

辺野古新基地建設に反対するNGO緊急共同声明

~日本政府は沖縄の民意に耳を傾け、作業の中止を~

 
辺野古・大浦湾に広がる長い年月をかけて形成された美しいサンゴ礁と青い海。マングローブ林、干潟、海草藻場、砂場、泥場、サンゴ礁が連続し、やんばるの森から流れ込む河川により、豊かな海洋生態系が作りあげられています。最近発見された規模の大きなアオサンゴ群集や、日本では絶滅のおそれが最も高い哺乳類であるジュゴン(環境省、絶滅危惧IA類)が生息するなど、たいへん生物多様性に豊む沿岸域です。沖縄県の自然環境の保全に関する指針では、辺野古・大浦湾海域は、評価ランク Iの「自然環境の厳正な保護を図る区域」とされています。また、環境省の「ラムサール条約湿地潜在候補地」のひとつに選定され、「生物多様性保全をするうえで重要度の高い海域」のひとつとしても検討されています。さらに、この地域は、確認されているだけでも、絶滅危惧種262種を含む5,300種以上の海洋生物の生息地でもあります。
 
いまこの豊かな海を破壊し、辺野古の新基地建設が強行されています。
 
昨年の名護市長選、名護市議選、沖縄県知事選、衆議院選では、新基地建設反対を 唱えた候補者が選ばれました。沖縄の方々の「辺野古に新基地は要らない」という意思は、選挙によって明確に示されたのです。
 
しかし、安倍総理大臣は、新基地反対を唱え、沖縄の民意を背負って当選した翁長沖縄県知事に会おうともしません。これは民主主義を標榜する一国の首相の態度として到底、許されるものではありません。県知事は作業の一時中止を求めているのに、まったく無視されてしまっています。
 
沖縄県には日本の米軍専用基地の74パーセントが集中し、沖縄島はその面積の18パーセントが米軍基地で占有されています。このような沖縄における状況は、日本国憲法が保障する住民の権利を無視するものです。このように環境、人権、平和が尊重されていないなか、再び民意を無視する形で新基地建設が進むことは大きな問題です。
 
いま、辺野古の海では、「ボーリング調査」が3月12日に再開され、政府は8月には本体の埋立工事を行うとしています。巨大なコンクリートブロックが海底に投下され、サンゴや海草等を押しつぶし、豊かなサンゴ礁生態系に影響を与えている状況が観察されています。また、調査のために必要だと称して、幅最大25m、長さ300mの巨大な「仮設岸壁」を建設する作業が着々と進んでいます。そのため、昨年9月以来、ジュゴンが餌場として利用していない状況です。
 
現地の辺野古では、沖縄各地から、日本各地から、たくさんの一般の市民たちが辺野古の海を守るために集まり、あるいは海で、あるいはキャンプ・シュワブのゲート前で体を張って抗議行動を続けています。
 
私たちは、辺野古・大浦湾のかけがえのない生物多様性を守るため、また沖縄で示された民意を踏まえ、沖縄県名護市の辺野古新基地に強く反対するとともに、日米両政府に対して、新基地建設計画に伴う作業の中止を求めます。
 
国際環境NGO FoE Japan(エフ・オー・イー・ジャパン)
NPO法人 ラムサール・ネットワーク日本
公益財団法人 日本自然保護協会
国際環境NGO グリーンピース・ジャパン
ピースボート
美ら海にもやんばるにも基地はいらない市民の会
辺野古リレー
辺野古への基地建設を許さない実行委員会
ピース・ニュース
公共事業改革市民会議
公益財団法人 世界自然保護基金(WWF)ジャパン
ジュゴン保護キャンペーンセンター
沖縄のための日米市民ネットワーク(JUCON)
沖縄・生物多様性市民ネットワーク
市川三番瀬を守る会
三番瀬のラムサール条約登録を実現する会
Peace Philosophy Centre
Friends of the Earth U.S.
KOREA FEDERATION FOR ENVIRONMENTAL MOVEMENTS(KFEM)
Russian Social Ecological Union
Friends of the Siberian Forests
Centre for Environmental Justice
Sahabat Alam Malaysia
The Legal Rights and Natural Resources Center-Kasama sa Kalikasan
Pro Public
Friends of the Earth Brisbane
Pacific Environment
PENGON-FoE Palestine
Natuvernforbundet(Norwegian Society for the Conservation of Nature)
Center for biological diversity
Pro Natura / FoE Switzerland
 
(3月25日時点 31団体)
 
 
 

150325henoko_ngokyodoseimei1_R.JPG

 

 


 

March 25, 2015
 
Joint Urgent Statement of NGOs Opposing the Construction of 
a New Military Base at Henoko

Protect Henoko Ocean and its Coral Reefs

~Call on the Japanese Government to Listen to the Voice of
Okinawan People and Stop Construction~
 
 
 
Oura Bay in Henoko, Okinawa –There are beautiful coral reefs that have formed over a long period of time.
A wide range of topography supports different ecosystems continuously exist in one place; mangrove forests, tidelands, seaglass beds, sandy areas, mud flats and coral reefs. The two rivers from “Yanbaru” forest run into this area also support rich marine ecosystem. Large colonies of blue coral (Heliopora coerulea)were recently discovered in this area and it is also known as dugong(Dugong dugon)’s northern habitat in the world, which is classified as critically endangered (IA) by the Japanese Ministry of Environment. These facts make it clear that this coastal area is extremely important for biodiversity. The coastal area of Henoko and Oura Bay is designated as “Assessment Rank I” according to the Guidelines on the Conservation of the Natural Environment of Okinawa Prefectural Government and is also on the list of Important Marine Areas in Japan selected by Japanese Ministry of Environment. Furthermore, it is a habitat for 5,300 marine organisms, including 262 endangered species just to be confirmed.
 
At this very moment, Japanese government is forcing through a plan to build a new military base at Henoko coastal marine habitat with richness of biodiversity, and being destroying. 
 
The Candidates opposed to build the new base were elected at the mayoral election at Nago City, the Nago City Council Election, the Okinawa Gubernatorial election and House of Representatives election last year. The voice of people in Okinawa, “Do not need new base in Henoko”, has been made clear through the results of these elections.
 
However, Prime Minister Abe has refused to even meet with Okinawa Governor Onaga who was elected by the people of Okinawa opposing to the building of the new base. This procedure of the Prime Minister is completely unacceptable action in term of the democratic country. The Governor is requesting a suspension of the construction works but he is being completely ignored.
 
74% of all US military bases located in Japan are concentrated in Okinawa, and 18% of the terrestrial area is occupied by US military bases. This situation in Okinawa violates the rights of citizens that are guaranteed by the Japanese constitution. It is extremely problematic that the opinion of the people is being ignored with unrespect for the environment, human rights and peace, and the construction forcibly going ahead.
 
The Japanese government restarted survey boring the sea bottom of some points at Henoko coastal area on March 12 towards to start the main construction work in August. Furthermore, work to construct a giant “temporary wharf” (maximum width 25 meters, length 300 meters) is going to build due to the reason of necessary survey. Also giant concrete blocks were dropped onto the sea bed, crushing corals and seaweed, and it has been observed affecting the rich coral reef ecosystem with no longer seen coming Dugong to feed since last September.
 
Many people in Okinawa and from all over Japan are gathering in Henoko, on the ocean and in front of the gates of Camp Schwab to protest against construction of the base every day.
 
We strongly oppose to construct new Henoko base in Nago City, Okinawa Prefecture, and demand suspend the construction of both Japanese and US governments to protect the precious ecosystem of Henoko, Oura coastal area based on the will of the people that has been made clear in Okinawa.
 
 
Signatories 
Friends of the Earth Japan
Ramsar Network Japan
The Nature Conservation Society of Japan
Greenpeace Japan
Peace Boat
Citizens against military bases in Churaumi and in Yanbaru
Henoko Relay
Henoko heno kichikensetsuwo yurusanai jikkoiinkai
Peace News
Citizens' Council to Reform Public Works
World Wide Fund for Nature Japan(WWF Japan)
Save the Dugong Campaign Center(SDCC) 
Japan – US Citizens for OKINAWA Network(JUCON)
Ichikawa Sanbanse wo Mamoru Kai
Sanbanse no Ramsar Joyaku toroku wo Jitsugen suru Kai
Citizens’ Network for Biological Diversity in Okinawa(BD)
Peace Philosophy Centre
Friends of the Earth U.S.
KOREA FEDERATION FOR ENVIRONMENTAL MOVEMENTS(KFEM)
Russian Social Ecological Union
Friends of the Siberian Forests
Centre for Environmental Justice
Sahabat Alam Malaysia
The Legal Rights and Natural Resources Center-Kasama sa Kalikasan
Pro Public
Friends of the Earth Brisbane
Pacific Environment
PENGON-FoE Palestine
Natuvernforbundet(Norwegian Society for the Conservation of Nature)
Center for Biological Diversity
Pro Natura / FoE Switzerland
 
(As of March 25, 2015)
 
 

150325henoko_ngokyodoseimei1_R.JPG
 

沖縄・辺野古 大浦湾の保全 ニュース&トピックス 一覧に戻る