自然保護と生物多様性保全に貢献した、
子どもから大人までのすべての個人と団体、企業、自治体の優れた取り組みを表彰します。

応募締め切り:2020年10月31日必着

日本自然保護大賞2020授賞記念シンポジウムのご案内

9月16日(水)に実施したオンラインシンポジウムは終了しました。
受賞者による発表動画はこちら。

https://youtu.be/qagRGbyr6Fc

≫シンポジウム開催レポートはこちら

日本自然保護大賞とは

人と自然がともに生き、赤ちゃんからお年寄りまでが美しく豊かな自然に囲まれ、笑顔で生活できる社会をつくるためには、学生、市民、専門家、行政、企業、NPOなどあらゆる個人や法人が、さまざまな立場でそれぞれの特性を活かしながら、生物多様性の保全に取り組む必要があります。
日本自然保護大賞は、地域性、継続性、専門性、先進性、協働の観点から、生物・生態系の研究、自然保護の実践、環境教育の推進などに大きく貢献する取り組みに対し、その成果と尽力を表彰するものです。「自然保護憲章」制定40周年にあたる2014年に創設して以来、のべ630件の応募に対して42団体・名に授与してまいりました。SDGs持続可能な開発目標や生物文化多様性への関心や行動の高まりなどを踏まえ、より幅広いジャンルからふさわしい活動を募集し、次の時代につながる意義ある賞をめざします。

ご寄付によるご支援のお願い

日本自然保護大賞は、企業によるご協賛や個人の皆様からのご寄付をもとに運営しています。ささやかな賞ではありますが、受賞・応募活動のさらなる活躍を後押しし、シンポジウムに参加された方が大きな刺激と感動をもらい、多世代の方々の魅力とパワーを見い出す機会として注目されています。ぜひ、当事業へのご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。
(ウェブサイトからもご寄付いただけます。こちらのページより、寄付の使途から 【14.日本自然保護大賞への支援】 をお選びください。)

お問い合わせ先

公益財団法人 日本自然保護協会 日本自然保護大賞担当
〒104-0033 東京都中央区新川1-16-10 ミトヨビル2F
award@nacsj.or.jp
TEL. 03-3553-4101 / FAX. 03-3553-0139