日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

  • 文字サイズ

壊れそうな自然を守る

Home 主な活動 壊れそうな自然を守る 辺野古のサンゴ礁を守るために設計変更に正式に意見が言えるチャンスです!

壊れそうな自然を守る 一覧へ戻る

2020.07.09(2020.09.29 更新)

辺野古のサンゴ礁を守るために設計変更に正式に意見が言えるチャンスです!

キャンペン

専門度:専門度2

▲ 美しいサンゴ礁に囲まれた沖縄県名護市辺野古の基地建設予定地

テーマ:生息環境保全海の保全

フィールド:

辺野古の埋め立て工事が進む中で、大浦湾に軟弱地盤がありことがわかり、世界でも前例のない深い海底での大規模な工事が必要になります。また外来種問題から沖縄県外から大量の土砂を持ち込むことも問題となっています。そのため、沖縄防衛局は4月に公有水面埋立法に基づき工事の内容の変更について沖縄県に「設計変更承認申請書」を提出しました。この変更を承認するかしないか、提出された申請書類や関係者の意見をもとにして、沖縄県知事が判断します。知事がNO!と回答してくれるよう、意見提出にご協力お願いします。

沖縄県が審査を終えると、意見募集のために設計変更承認申請書を告示・縦覧します。この3週間が意見を提出できる期間です。みんなで意見を送りましょう。辺野古の海を守りたいと思う人はだれでも意見を出すことができます。

9月28日、日本自然保護協会は辺野古・大浦湾の豊かな自然環境の保全に取り組む立場から、利害関係人として沖縄県に対しこの「設計変更承認申請書」の内容の問題点を指摘する意見書を提出しました。

埋立地用途変更(普天間飛行場代替施設建設事業)に係る利害関係人の意見書(オフィシャルProに移動します)

※現在、設計変更承認申請書の縦覧期間は終了しました。下記にある沖縄県土木建築部海岸防災課のサイトはアクセスできなくなっています。ご注意ください。

注意1)
設計変更承認申請書の告示および縦覧は9月8日(火)から開始され、9月28日(月)までの3週間が意見提出期間となります。
注意2)
沖縄県土木建築部海岸防災課のサイトから設計変更承認申請書をご覧いただけます。
◆普天間飛行場代替施設建設事業に係る公有水面埋立変更承認申請書の縦覧について
https://www.pref.okinawa.jp/site/doboku/kaibo/kanri/event/5jyuran.html
◆公有水面埋立変更承認申請書及び添付図書等
https://www.pref.okinawa.jp/site/doboku/kaibo/kanri/event/6jyuran.html
注意3)
提出意見は、期限内に以下にご送付ください。
〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 沖縄県土木建築部 海岸防災課 御中
FAX: 098-860-3164 E-mail: umetateiken★pref.okinawa.lg.jp(送信の際は★→@に変換ください。)
提出期限
※郵送の場合は28日(月)当日消印有効
※持参、ファクシミリ又は電子メールの場合・・・28日(月)午後5時15分まで

提出方法

こちらの提出用の用紙をダウンロードして上記に郵送してください。

意見書の提出用紙(Word/42KB)

意見書の書式と記入例

埋立地用途変更(普天間飛行場代替施設建設事業)に係る利害関係人の意見書

沖縄県知事 玉城 康裕 宛て

●●年 ●月 ●日

 提出者

住所:

氏名:

電話:

E-mail:

※団体の場合は、団体名、代表者、住所等を記載してください

利害関係の内容

 〈例〉

  • 沖縄の海を大切に思うので、利害関係があります
  • 納税者として意見を述べる権利があると考えます
  • 子供たちにこの海を見せたいと思っています
  • 沖縄の物産を購入しています

意  見

 〈例〉沖縄県知事は、計画概要変更承認申請を不承認としてください

【理由】

 〈例〉

  • 私は、生物多様性豊かな辺野古・大浦湾のサンゴ礁は埋め立てるべきではないと思います。
  • 先例のない地盤改良をするべきではありません。
  • 軟弱地盤の改良工事に必要な大量の砂(沖縄の年間採取量の2年分以上 の海砂が必要)は沖縄の財産です。
  • ジュゴンが大浦湾に戻ってきている可能性が高いと報道されています。ジュゴン保護のために工事はいかなる方法でも進めるべきではありません。
  • 工法変更により 総工費は、設計変更前の2.7倍の約9300億円となります。税金の無駄使いをするべきではありません。・サンゴの移植ではサンゴ礁は保全されません。
  • 事業者から7万以上のサンゴ群体の移植申請が出ていますが、事業者のサンゴ移植技術は低く、また移植では環境が保全されません。
  • 世界で最も重要な海域をホープスポットとして認定し、海域の保護を推進する活動を行っている米国の NGO ミッションルーが、日本初のホープスポットとして、辺野古・大浦湾沿岸域一帯を登録するなど、世界的に見ても貴重な海域です。
  • 県外からの土砂が持ち込まれる場合は、特定外来生物の侵入が危惧されます。
  • 県内各地から土砂が採取され、新基地建設は海だけではなく、沖縄の山々も破壊されます。

意見書キャンペーンキャラクターうめしんの画像

FAQ

Q:「利害関係者」とあるけれど、私が送ってもいいの?

A:利害関係者とは、自らが利害関z係者と思う人です。意見は、誰でも送ることができます。法律では明記しておらず、特に限定的な解釈はされていません。
公有水面、つまり、みんなの海を埋め立てることで困る人がいないかどうか意見を聞くのがこの手続きです。漁師や名護市民以外の方も利害関係者になれます。

Q:匿名で送ってもいいですか?

A:公有水面埋立法に基づく正式な意見とするには、住所・氏名をご記入ください。あなたのご意見が辺野古サンゴ礁を守る力になります。

Q:いま忙しいので、来月、送ってもいいですか?

A:公有水面埋立法に基づく意見の提出期限は、告示・縦覧の最終日と決まっています。
あなたの意見を最大限有効に活かすためには、提出期限にご注意ください。
期間については、日本自然保護協会にお気軽にお問い合わせください。
(tel.03-3553-4103 http://www.nacsj.or.jp)

この記事のタグ

壊れそうな自然を守る 一覧へ戻る