日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

モニタリングサイト1000里地調査

Home 主な活動 自然の守り手を増やす モニタリングサイト1000里地調査 関連イベント 【参加者大募集!】モニ1000里地調査の10年間の成果をお伝えするシンポジウムを開催します。

2017.12.13(2018.01.10 更新)

東京
2018年1月20日(土)終了しました

【参加者大募集!】モニ1000里地調査の10年間の成果をお伝えするシンポジウムを開催します。

関連イベント

専門度:専門度3

 

モニタリングサイト1000(以下、モニ1000)は、100年にわたり全国各地の自然環境のモニタリングを行い、保全につなげることを目的とした環境省事業です。その中でもモニ1000里地調査は、NACS-Jと地域の市民が協力し全国各地の里山の調査を行っています。里地調査は本年度で開始10年目を迎えました。全国から集まった140万件を超える膨大なデータにより、ノウサギやホタルの減少など重要な生き物たちの変化が明らかとなってきました。

この度、全国調査10周年を記念して、今までの成果をお伝えするシンポジウムを開催します。
午前中の第1部では、事業の紹介や市民調査の重要性をお伝えするとともに、基調講演では「調査結果の読み解き方」「調査から里山保全に活かすには」というお話をご紹介いただきます。事例を交えながらわかりやすく解説しますので、市民調査に参加したことのない方もぜひ気軽にご参加ください!
午後の部となる第2部・第3部では、全国各地の市民調査員の皆さまより、各地の調査活動の様子をご紹介いただきます。ポスター発表会では実際に調査をされている方と直接質問や意見交換もできる場となります。すぐ身近な里山で活動されている方と出会う機会になるかもしれません!
皆様からのご参加心よりお待ちしております!

 

「モニタリングサイト1000里地調査 10年の成果~データでひも解く里山の変化と市民調査の可能性~」

 

「モニタリングサイト1000里地調査 10年の成果~データでひも解く里山の変化と市民調査の可能性~」ちらし

 

日時 2018年1月20日(土) 10:00~16:00(受付9:30~)
場所 帝京科学大学 千住キャンパス 7号館(東京都足立区千住桜木1-11-1)
アクセス:北千住駅または町屋駅から徒歩20分程度(北千住駅から路線バスあり)*詳細はこちら
※帝京科学大学本館と7号館は距離が離れていますので、間違いのないようお気を付けください。
参加費 無料(事前申込推奨)
プログラム 10:00  開会

10:05~12:00  第1部 シンポジウム

  • 「地元で密に・広く各地で - 全国市民調査だから見えること」 竹中 明夫 氏(国立環境研究所)
  • 「多様な主体とともに里山の保全を考える ~調査から現場の保全へ~」江田 慧子 氏(帝京科学大学)

12:55~14:25 第2部 ポスター発表・交流会

14:40~  第3部 各地からの事例紹介(口頭発表)

  • コアサイト「帯広の森(北海道帯広市)」  伊藤 育子 氏(エゾリスの会)
  • 一般サイト「長池公園(東京都八王子市 )」小林 健人 氏(NPOフュージョン長池)
  • 一般サイト「天覧山・多峯主山(埼玉県飯能市)」  大石 章 氏(NPO法人天覧山・多峯主山の自然を守る会)

16:05  閉会

※当日は大学内の学食がお休みとなりますので、お昼を持参していただくか周辺のコンビニなどをご利用ください。

申し込み
方法
当日参加も可能ですが、資料準備のため事前申込にご協力ください。

下記の申込みフォームから、①お名前②ご所属③メールアドレス等のご連絡先をお知らせください。是非ふるってご参加ください!

お申し込みフォーム

 

申し込み
締め切り
2018年1月17日(水)

 

参加申込み・お問合せ先
モニタリングサイト1000里地調査事務局
〒104-0033 東京都中央区新川1-16-10 ミトヨビル2F
TEL:03-3553-4104/FAX:03-3553-0139
E-mail:moni1000satochi★nacsj.or.jp (担当:後藤/藤田/朱宮)
(★を@に変換してお送りください。)