日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

NACS-J市民カレッジ(Nカレ)

Home 主な活動 NACS-J市民カレッジ(Nカレ) NACS-J 市民カレッジ シリーズ63 「冬の空からのメッセージ 雪を読み解く。」

NACS-J市民カレッジ(Nカレ) 一覧へ戻る

2018.01.09(2018.01.15 更新)

NACS-J 市民カレッジ シリーズ63 「冬の空からのメッセージ 雪を読み解く。」

専門度:専門度2

樹枝状六花、星状六花・・・空から舞い落ちる美しい結晶・雪。それは、上空で起こる自然の変化を記録して地上に降ってくる、「天から送られた手紙*」です。

2月のNカレは、「雪」にスポットをあて、皆さんと一緒に楽しく学びます。「どうして雪が降るの?」など素朴なギモンから、地球温暖化とのかかわりまで、目からウロコの90分! ぜひご参加ください!

*中谷宇吉郎著『雪』より


◆シリーズ63「雪」について学ぶ全1回コース◆

■共催:三菱商事株式会社

■会場:三菱商事 MC FOREST   (東京都千代田区丸の内2-3-1 /東京駅徒歩3分)

■対象: 中学生以上

■定員:40名 ※先着順。最少開講人数10名

■参加費:会員無料/非会員3,000円 ※当日のご入会も歓迎です。もちろん会員価格で受講いただけます。

■申込先: 以下WEBフォームよりお申込みください。または、お電話・E-mailで①お名前、②所属、③メールアドレス、④会員か否か(個人会員の方は会員番号)をお知らせください。

※定員に達しましたので申し込みを締め切りました。たくさんのお申し込みをありがとうございました。

 

<TEL> 03-3553-4101     <E-mail> n-college@nacsj.or.jp
日本自然保護協会(NACS-J) Nカレ担当

 

講師紹介

鈴木 啓助(すずき けいすけ)

信州大学理学部教授
信州山の環境研究センター 所長

1954年山形県生まれ。北海道大学理学部卒業、同大学大学院博士課程修了。東京都立大学理学部助手を経て1996年より信州大学理学部助教授、2002年より教授。1997年~1999年には南極地域越冬観測隊員として現地に赴く。専門は水文学、雪氷学、山岳環境学。

この記事のタグ

NACS-J市民カレッジ(Nカレ) 一覧へ戻る