PRO NATURA FUND

NACS-J TOP

プロ・ナトゥーラ・ファンド<第1期(1990年度)助成先一覧>

プロ・ナトゥーラ・ファンドは、平成2年から公募助成を開始しました。

自然保護の調査研究や保護・普及活動の事業を対象に、毎年10月から翌年9月までの1ヵ年を助成期間として助成を行っています。

第1期の公募助成は平成2年7月末に応募を締め切った後、9月に審査会を行って助成対象を決定しました。応募総数は25件で、審査会を経て助成対象となったものは国内11件、海外2件の計13件です。また助成の総額は1,625万円です。

国内の助成先は北海道、群馬、埼玉、東京、神奈川、愛知、三重、滋賀の8都道県にわたっています。

また、助成を受けたグループが研究や活動を実施した対象地は、グループの所在地以外を対象地とするものもあるため、鹿児島県や沖縄県にも及んでいます。そのほか、メンバーが全国各地に分散している研究や研究対象が海外のものも含まれています。

海外への助成は開発途上国を対象に日本人の推薦者を介して公募しました。審査の結果、インドネシアとネパールのプロジェクトが助成対象に決定しました。

なお、第1期助成成果報告書に掲載した報告は12件です。

※原文に機種依存文字が含まれているため、Macintoshでは正しく表示されない場合があります。

国内助成
No. タイトル PDF グループ名 代表者 助成額
(万円)
国内助成小計 1,307
1 海産巻貝類を指標種とする有機スズ汚染の影響実態調査 PDF 有機スズ問題研究会 水口 憲哉 131
2 ゼニガタアザラシの保護管理に関する調査・研究 PDF ゼニガタアザラシ研究
グループ
小倉 聡子 236
3 石垣島サンゴ礁の保全管理研究 PDF サンゴ礁環境研究
グループ
目崎 茂和 212.3
4 嗜好性植物の給餌が植林地のシカの生態に与える影響 PDF 丹沢のシカ問題連絡会 大沢 洋一郎 115.3
5 社会化された自然における野生生物像づくりの研究 PDF 野生生物保全論研究会
自然像部会
本谷 勲 21.6
6 屋久島での野生生物管理(とくにヤクザル)のための基礎的調査・研究 PDF 屋久島研究グループ 東 滋 116.6
7 玉原高原「自然観察ガイドマップ」の発行 PDF 利根沼田自然を愛する会 小林 敏夫 55
8 大雪山国立公園の自然環境の保全と管理に関する基礎的研究 PDF 大雪山プロジェクト 小野 有五 180.2
9 尾瀬の保護と適正利用のための指導と案内 PDF 尾瀬ガイドグループ 児玉 芳郎 119
10 全国イヌワシ生息数・繁殖成功率調査 PDF 日本イヌワシ研究会 山崎 亨 80
11 欧米を中心としたエコロジカルパーク等の自然回復事業に関する事例研究 PDF エコロジカルパーク研究
グループ
阿部 治 40
海外助成
No. タイトル PDF 助成対象者名 推薦者名 助成額
(万円)
海外助成小計 318
12 東カリマンタン熱帯林生態系研究 PDF Ach. Ariffien BRATAWINATA 石川 達芳 175.5
13 砂地上における飼料植物の培養研究   Rajbhandary Saman Bahadur 遠藤 宗男 142.5

助成金総額 1,625

その他の助成
No. タイトル PDF グループ名 代表者 助成額
(万円)
その他の助成小計 181
14 「男鹿の自然」の刊行 PDF 男鹿の自然と文化の会 高山 泰彦 61
15 「岩菅山の自然観察」の作成 PDF   青木 正彦 120
その他の助成(緊急助成)
No. タイトル グループ名 代表者 助成額
(万円)
その他の助成小計 52
16 隣接生息するクマタカの同時テレメトリー記録による社会行動・行動圏構造・個体群構造調査 クマタカ生態研究グループ 山崎 亨 52

▲ページの先頭へ

PRO NATURA FUND > 成果報告