日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

  • 文字サイズ

生物多様性を脅かす外来種問題

Home なくなりそうな自然を守る 生物多様性を脅かす外来種問題 ニュース&トピックス 外来生物対策のあり方検討会で法改正に向けた課題整理と提言

生物多様性を脅かす外来種問題 ニュース&トピックス 一覧に戻る

2021.09.06

外来生物対策のあり方検討会で法改正に向けた課題整理と提言

アカミミガメの写真 ▲アカミミガメ(写真:伊藤信男)


環境省では「外来生物対策のあり方検討会」が行われてきました。

6月8日、NACS-Jは有識者・関係団体として、アカミミガメやアメリカザリガニなどを想定した新たな特定外来生物の指定や規制方法などを提言しました。

外来生物対策のあり方への意見〜法改正に向けて〜資料の閲覧は>>こちら(環境省のサイトにつながります)

大野正人(保護部)

生物多様性を脅かす外来種問題 ニュース&トピックス 一覧に戻る

あなたの支援が必要です!

×

NACS-J(ナックスジェイ・日本自然保護協会)は、寄付に基づく支援により活動している団体です。

継続寄付

寄付をする
(今回のみ支援)

月々1000円のご支援で、自然保護に関する普及啓発を広げることができます。

寄付する