日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

やんばるの生態系保全

やんばるの生態系保全 ニュース&トピックス 一覧に戻る

2016.07.19

高江での工事強行に抗議声明を発表

日本自然保護協会は、日本政府が現在,沖縄島北部の通称やんばるの森において、米軍ヘリパッド建設工事を強行していることに対し強く抗議する。

2016年7月19日
防衛大臣   中谷 元   殿
沖縄防衛局長 中嶋 浩一郎 殿
公益財団法人 日本自然保護協会
理事長   亀山 章

抗議声明

日本自然保護協会は、日本政府が現在,沖縄島北部の通称やんばるの森において、米軍ヘリパッド建設工事を強行していることに対し強く抗議する。

沖縄島北部の東村高江において、直径75メートルの米軍ヘリパッドの建設が付帯施設の設置等を含めて進められており、そこで行われる米国海兵隊の軍事演習には垂直離着陸機オスプレイを使用すると伝えられている。ヘリパッドの建設とオスプレイを使う軍事演習は、沖縄島やんばるの森にのみ生息が確認されているノグチゲラ、ヤンバルクイナなど多くの固有種、固有亜種や、さまざまな野生生物にとって大きな脅威となり、生物多様性に富むやんばるの森の環境を大きく悪化させることになる。今年6月の中央環境審議会で指定の答申がなされたやんばる国立公園に隣接するこの場所において工事や訓練が行われれば、国立公園の中も影響を受けることが予想される。

大陸との分離・結合を繰り返した地史を経て隔離された琉球列島は、島ごとに異なる固有の生物相を有している。とりわけ、奄美や沖縄島などの中琉球地域は、大陸から離れており、生物多様性が高い。それゆえに人間活動の影響を特に受けやすい。

国際的な自然保護組織であるIUCN(国際自然保護連合)から日本政府にあてて、2000年と2004年の2度にわたりやんばるの自然の保護を求める勧告が出されている。また2010年に生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)で採択された愛知ターゲットの目標11は、「生物多様性と生態系サービスに特別に重要な地域が、効果的、衡平に管理され、かつ生態学的に代表的な良く連結された保護地域システムやその他の効果的な地域をベースとする手段を通じて保全され、また、より広域の陸上景観又は海洋景観に統合される」と、脆弱な生態系の保全を求めている。

日本政府は、沖縄島北部の自然が国内外で認められる生物多様性が豊かな場所として再度認識するべきである。またCOP10の議長国および国際社会の一員として、やんばるの自然環境の保護と持続可能な利用を重視し、世界自然遺産の登録にふさわしい良好な自然の状態を保ち、世界自然遺産の登録の実現にむけた努力をすることが求められる。


DSC_0291.JPG

やんばるの生態系保全 ニュース&トピックス 一覧に戻る