日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

  • 文字サイズ

自然観察会・環境教育

Home 自然を知って楽しく伝えよう ニュース&トピックス 【自然のちからニュース】国際生物多様性の日に自然観察会を開催!

自然観察会・環境教育 ニュース&トピックス 一覧に戻る

2016.05.30

【自然のちからニュース】国際生物多様性の日に自然観察会を開催!

日本自然保護協会(以下、NACS-J)は、ソニー(株)と協働する「わぉ!わぉ!生物多様性プロジェクト」の一環として、「国際生物多様性の日」(5月22日) に日比谷公園(東京都千代田区)で開催された「みどりの自然観察会」に協力しました。

当日は200名を越える皆さまにご参加いただき、日比谷公園の3コースをNACS-J認定の自然観察指導員が案内しました。シジュウカラやスズメなど身近な鳥の子育ての様子、テントウムシなど小さな昆虫やイモリ、ヘビの姿も観察することができ、参加した子どもたちも大感激。たくさんの生きものに触れ、自然を肌で感じ、生物多様性のこと、自然のことを考える1日になりました。

 

「みどりの自然観察会 in 日比谷公園」 
■主催:自然観察指導員東京連絡会(NACOT)、CEPAジャパン
■日時:2016年5月22日(日)9:30 ~14:30
■会場:日比谷公園
■協力:「わぉ!わぉ!生物多様性プロジェクト」(ソニー(株)、NACS-J)、(株)東芝
■後援:日本自然保護協会
■参加者:205名
■自然観察指導員・スタッフ:37名
 
詳しい報告は「わぉ!わぉ!生物多様性プロジェクト」のFacebookをご覧ください。
 
 
以下、当日の様子です。
 

20160530_midori2.jpg「日比谷公園には蛇もいるんだ!」と子どもたちもびっくり。

 

20160530_midori3.jpg大人も子どもみんなで楽しみました!

 


20160530_midori1.jpg公益財団法人 日本自然保護協会

自然のちから推進室 担当:大野

TEL:03-3553-4101 Mail : shizen@nacsj.or.jp

自然観察会・環境教育 ニュース&トピックス 一覧に戻る

あなたの支援が必要です!

×

NACS-J(ナックスジェイ・日本自然保護協会)は、寄付に基づく支援により活動している団体です。

継続寄付

寄付をする
(今回のみ支援)

月々1000円のご支援で、自然保護に関する普及啓発を広げることができます。

寄付する