日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

  • 文字サイズ

中池見湿地の保全

Home 守った自然をもっと良くする 中池見湿地の保全 ニュース&トピックス 中池見湿地にかかる北陸新幹線の認可ルートを変更するという、環境事後調査検討委員会の結論に関してコメントを発表しました。

中池見湿地の保全 ニュース&トピックス 一覧に戻る

2015.03.18

中池見湿地にかかる北陸新幹線の認可ルートを変更するという、環境事後調査検討委員会の結論に関してコメントを発表しました。

科学的に証明されたラムサール条約登録湿地の中池見湿地への影響回避を高く評価

ラムサール条約に登録された中池見湿地(福井県敦賀市)に北陸新幹線の計画ルートがある問題で、2015年3月15日に行われた建設工事の影響評価・予測のための専門家の委員会で評価の結論が発表され、事業者がルートの変更の意向を表明しました。

問題が明らかになった当初から中池見湿地の保全のために働きかけを行ってきた日本自然保護協会は、今回の委員会の結論と事業者の表明について高く評価し、コメントを発表しました。


 

ラムサール条約登録中池見湿地にかかる北陸新幹線ルートの環境事後調査検討委員会の結論に関するコメント(PDF/119KB)


 

20150318nakaikemi.jpg

 

 

ラムサール条約登録中池見湿地にかかる北陸新幹線ルートの

環境事後調査検討委員会の結論に関するコメント

 
2015年3月18日
公益財団法人 日本自然保護協会
理事長 亀山 章
 
 
福井県敦賀市の中池見湿地は2012年7月に世界的にも重要な湿地であるとしてラムサール条約湿地に登録されましたが、登録直後に湿地を貫通する北陸新幹線のルートの変更と認可が公表されました。認可ルートは湿地の自然環境に大きく影響を与えることから、日本自然保護協会では認可ルートの見直しを求めて働きかけを行ってきました。この問題に対し、事業者である鉄道建設・運輸施設整備支援機構は、建設工事の影響評価・予測のための専門家の委員会(中池見湿地付近環境事後調査検討委員会。以下、委員会とする)を2013年に設置し、2015年3月15日にその最終会合が開かれました。
 
最終会合では、中池見湿地の自然環境への影響について、認可ルートと変更する以前の環境アセスメント時の計画ルート(以下、アセスルートとする)で比較・検討し、認可ルートは影響が大きく、アセスルートの方が影響は小さいとの結論をまとめ、アセスルートを基本にして可能な限り環境影響を減らすよう提言しました。事業者は、この委員会の提言を受けて、アセスルートを基本に新たなルートを速やかに検討し、認可ルートを変更すると述べたとされています。
 
今回の委員会では、湿地の自然環境に与える影響が大きいと懸念されていた認可ルートについて、実際にその影響の大きさが調査に基づいて科学的に証明されました。このことは委員会が適切に機能した結果であり、事業者が調査を十分に行った結果であると評価できます。事業者は、その結果を真摯に受けとめる意向を表明しました。このことは高く評価されることであり、環境配慮が求められる時代にあって他の公共事業の手本となるものです。
 
新ルートの基本となるアセスルートであっても表流水の集水域となるラムサール条約湿地内を貫通することから、湿地の水文環境に影響を与えないようルートや工法の検討を十分行うことが望まれます。また、新たなルートや具体的な工法を検討する際には、手続きの透明性の確保や、住民参加を進めること、検討のための時間を十分確保することが大切であり、その体制や工程についても公表することが望まれます。
 
日本自然保護協会は、世界的な保護地域である中池見湿地が適切に守られるよう関係機関への働きかけなどに引き続き取り組んでいきます。
 
              以上
 

中池見湿地の保全 ニュース&トピックス 一覧に戻る

あなたの支援が必要です!

×

NACS-J(ナックスジェイ・日本自然保護協会)は、寄付に基づく支援により活動している団体です。

継続寄付

寄付をする
(今回のみ支援)

月々1000円のご支援で、自然保護に関する普及啓発を広げることができます。

寄付する