日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

  • 文字サイズ

会報『自然保護』

Home 自然を知って楽しく伝えよう ニュース&トピックス 2014年7・8月号(No.540) 特集:ANNUAL REPORT   NACS-J年次報告2013.4-2014.3

会報『自然保護』 ニュース&トピックス 一覧に戻る

2014.07.02

2014年7・8月号(No.540) 特集:ANNUAL REPORT   NACS-J年次報告2013.4-2014.3


No540_hyoshi.jpg


今月の表紙 

中池見湿地とミズトラノオ


撮影・解説    福田 真由子(NACS-J)

ミズトラノオは湿地や溜池のほとりなどに生えるシソ科の多年草で、8~10月に淡紅紫色の可憐な花を咲かせます。各地で絶滅が心配されていますが、撮影した中池見湿地(福井県敦賀市)では多くの群落を見ることができます。ここでは、豊かな水環境を基礎として、ミズアオイやデンジソウ、ヘイケボタルなどたくさんの生きものが生息していますが、現在湿地の一部を通る北陸新幹線の路線計画があり、生態系の破壊や水環境への影響が心配されています。

 

 

CONTENTS



No540-2-3.jpg

★特集★

ANNUAL REPORT

 NACS-J年次報告2013.4-2014.3

日本の自然を半世紀以上見つめ、自然のしくみを尊重する社会づくりを目指してきたNACS-J。
皆様のご寄付・ご支援により、2013年度も多くの活動を進めることができました。主な活動内容を、まとめてご報告します。
たくさんのご支援ありがとうございました!

No540-closeup.jpg ★NACS-J活動クローズアップ★

群馬・三重・栃木・鳥取・千葉・京都・埼玉で
自然観察指導員講習会を開催!

 

 

 

 

No540-kyokarahajimeru-2.jpg ★今日からはじめる自然観察★

赤とんぼさがしに出かけよう!

この夏は「自然しらべ2014 赤とんぼさがし!」を開催しています。
赤とんぼは普通、アカネ属のトンボを指します。
実は赤くないアカネ属のトンボもいて、見分けは少し難しいですが、ぜひご協力ください。

 

No540-seimeinowa.jpg ★シリーズ 新・生命の輪 49★

環境を変える生態系エンジニア

アメリカザリガニが振るう猛威のしくみ

★NEWSハイライト
(↑ウェブマガジン「しぜんもん」ページに飛びます)
・50年前の小学生の自由研究が活躍 山中湖には2種類のマリモがいた
・東北防潮堤と海岸法改正を「環境女子」が考える!
★読者の広場
掲示板/お便り/次号予告・新入会員/Nature Navi
★BOOK&PRESENT

 

会報『自然保護』は、NACS-J会員に隔月でお届けしています。 top_entry_on.gif 最新号のみご希望の場合、1500円(送料込み)でお買い求めいただけます。お申し込み・お問い合わせは、お問い合わせフォームまたはNACS-J管理部(TEL:03-3553-4101) まで。

会報『自然保護』 ニュース&トピックス 一覧に戻る

あなたの支援が必要です!

×

NACS-J(ナックスジェイ・日本自然保護協会)は、寄付に基づく支援により活動している団体です。

継続寄付

寄付をする
(今回のみ支援)

月々1000円のご支援で、自然保護に関する普及啓発を広げることができます。

寄付する