日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

  • 文字サイズ

海辺・干潟・湿地環境の保全

Home なくなりそうな自然を守る 海辺・干潟・湿地環境の保全 ニュース&トピックス 2/1(土)海の生きものを守るフォーラムを開催します

海辺・干潟・湿地環境の保全 ニュース&トピックス 一覧に戻る

2013.12.25

2/1(土)海の生きものを守るフォーラムを開催します

海の生き物を守るための有効な海洋保護区に向けての日本政府の取り組みの現状と、保護区の設定と拡大の各地の取り組み、今後の運動の発展をテーマにフォーラムを開催します。

日本の海洋保護区の拡大と有効性を追求し、現在の海洋環境への取り組みについて、話し合います。


<海の生きものを守るフォーラム>
海の自然保護 最前線!~海の生き物を守れない日本のシステム~

20130422hamasango.jpg
▲沖縄・大浦湾のパラオハマサンゴ群集

開催要項

主 催:
海の生き物を守る会、日本自然保護協会
後 援:
IUCNJ(予定)
日 時:
2014年2月1日(土)13:00~16:30
参加費:
500円(資料代)
会 場:
モンベル品川店2F(東京都港区高輪4-8-4 モンベル高輪ビル)
TEL 03-6866-7501 FAX 03-6866-7502
アクセス:
JR線・京急線「品川駅」高輪口より徒歩5分、都営地下鉄 浅草線「高輪台駅」より徒歩5分
プログラム:
・日本における海洋保護区のいま・・・・志村智子(日本自然保護協会)
・重要海域の選定とその問題点・・・・・向井 宏(海の生き物を守る会)
・日本の水産業と海洋保護区・・・・・・勝川俊雄(三重大学)
・沖縄・辺野古の海のこと・・・・・・・安部真理子(日本自然保護協会)
・海岸利用者が望む海洋保護区・・・・・田中雄二(表浜ネットワーク)
・パネルディスカッション  コーディネーター:井田徹治(共同通信)

チラシはこちら↓↓↓
20140201_umiforum_chirashi_R.jpg

問い合わせ・参加申し込み

1月30日までに下記までお申込みください。
Eメール:hiromuk@mtf.biglobe.ne.jp  (向井)
※スパムメール対策のため@を大文字にしています。小文字に修正して送信してください。

海中を泳ぐウミガメの写真
▲沖縄沿岸を泳ぐウミガメ
(写真:渡辺敬久)

海辺・干潟・湿地環境の保全 ニュース&トピックス 一覧に戻る

あなたの支援が必要です!

×

NACS-J(ナックスジェイ・日本自然保護協会)は、寄付に基づく支援により活動している団体です。

継続寄付

寄付をする
(今回のみ支援)

月々1000円のご支援で、自然保護に関する普及啓発を広げることができます。

寄付する