日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

  • 文字サイズ

会報『自然保護』

Home 自然を知って楽しく伝えよう ニュース&トピックス 2013年3・4月号(No.532)
特集:子どもと楽しむ自然観察

会報『自然保護』 ニュース&トピックス 一覧に戻る

2013.03.04

2013年3・4月号(No.532)
特集:子どもと楽しむ自然観察


No532-hyoushi.jpg


今月の表紙 

アシハラガニ


 

撮影・解説    小此木宏明

大震災から2年目の夏、宮城県の蒲生干潟で出会ったアシハラガニ。じっとカメラをかまえていると足元まで寄って来た。蒲生干潟は津波の影響で干潟・砂州の形が変わり、環境が大きく変化してしまった。カニも少なくなっているのではと思ったが、チゴガニなども姿を見せた。カニが有機物を食べ、そのカニをシギなどの鳥類が食べる。国設の鳥獣保護区でもある干潟には、多くの鳥類が採餌や安息の場を求めやって来ていた。干潟は少しずつ自然豊かな環境に自らの力で戻りつつあるようだ。

 

CONTENTS

 


★巻頭メッセージ


No532-tokushu.jpg
★特集
子どもと楽しむ自然観察

自然体験の減少が指摘される最近の子どもたちですが、
今も昔も自然への興味・好奇心は変わりません。
今回の特集では、自然大好きな大人たちから子どもたちへ、
自然の魅力を伝えるためのコツをお届けします。

●なぜ子どもには自然とのふれあいが必要か
●発見を楽しむ達人の観察会
●観察会をやってみよう
●観察会を盛り上げるとっておきアイテム
●福島の子どもたちに自然体験を
●お母さんたちの声で始まった「谷戸体験」授業
●子育て支援団体と連携して呼びかけ
●組織力で信頼関係づくり
●自然の中で子どもたちにつかんでほしいもの

※会報3ページの表記に誤りがありました。原稿執筆者である小澤紀美子様の肩書が「東海大学名誉教授」となっていましたが、正しくは「東京学芸大学名誉教授」です。お詫びして訂正いたします。


No532-tohokuhaima.jpg

★特別企画

東日本大震災から2年、被災地の自然環境の状態を伝える報道はほとんどありませんでした。
今、被災地で加速する復興計画には、地域の自然環境や土地の成り立ちを無視した計画も少なくありません。
NACS-Jは生物多様性保全と持続可能な地域の復興に役立てるため、海岸の自然と、人と海とのふれあいを調べる東日本海岸調査を実施してきました。その調査報告と、被災してもなお自然を守る活動を続けているNACS-J会員の方々の想いをお伝えします。


No532-closeup.jpg
★NACS-J活動クローズアップ

※「普天間飛行場代替施設建設事業に係る環境影響評価書(補正後)」への意見はこちら

●自然しらべ2013 今年のテーマはカメ! 子どもとカメ探しにチャレンジしてください。

●生物多様性の道プロジェクト


No532-kyoukarahajimeru.jpg
★今日からはじめる自然観察

田んぼには、命を次の世代につなぐためにカエルたちが集まってきます。
川や渓流などに集うカエルもいますが、ここでは田んぼに集うカエルをご紹介します。

No532-seimeinowa.jpg
★シリーズ新・生命の輪 41

カタクリはどこを向いて咲く?

春先に林床をその花でピンク色に染めるカタクリは、代表的な里やまの植物。
今回は、カタクリの花がどこを向くのか? という疑問に答えながら、植物の花にみられる巧妙なしくみを紹介します。

★NEWSハイライト
全国調査で見えてきたスズメ少子化 都市部で1家族平均1.6羽
痛いっ! メリケントキソウ 抜くなら今
ヨーロッパの新しい治水 すべての開発で環境悪化は許さない

★読者の広場
掲示板/お便り/次号予告・新入会員/Nature Navi

★BOOK&PRESENT

会報『自然保護』は、NACS-J会員に隔月でお届けしています。

top_entry_on.gif

最新号のみご希望の場合、1500円(送料込み)でお買い求めいただけます。お申し込み・お問い合わせは、お問い合わせフォームまたはNACS-J管理部(TEL:03-3553-4101) まで。
バックナンバーは日本自然保護協会オンラインSHOP「しぜんもん」で販売しています。

会報『自然保護』 ニュース&トピックス 一覧に戻る

あなたの支援が必要です!

×

NACS-J(ナックスジェイ・日本自然保護協会)は、寄付に基づく支援により活動している団体です。

継続寄付

寄付をする
(今回のみ支援)

月々1000円のご支援で、自然保護に関する普及啓発を広げることができます。

寄付する