日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

  • 文字サイズ

海辺・干潟・湿地環境の保全

Home なくなりそうな自然を守る 海辺・干潟・湿地環境の保全 ニュース&トピックス 2月9日、人も海の生きものも守る海岸管理を考えるセミナー開催。

海辺・干潟・湿地環境の保全 ニュース&トピックス 一覧に戻る

2012.12.28

2月9日、人も海の生きものも守る海岸管理を考えるセミナー開催。

セミナー「海と共に生きる ~日本の海岸は今~」ちらし(PDF/1.3MB)


 
東日本大震災の津波被害を受け、防潮堤や護岸の必要性が問われているにもかかわらず、被災地沿岸では巨大防潮堤の建設が進み、沖縄でもまた護岸計画が止まることなく進んでいます。

防潮堤や護岸は本当になくてはならないものなのか、つくるとしたらどのような条件ならば自然環境に影響がないのか、自然の保全と人命の両立が可能な護岸・防潮堤はあるのか。改めて日本の各地の事例を紹介し、情報を共有し、参加者の皆さんと一緒に海と共生するためにどうしたら良いのか考えるセミナーを開催します。

(安部真理子・保護プロジェクト部)

海の生き物を守る講演会「海と共に生きる~日本の海岸は今~」

開催概要

日 時:
2/9(土)13時30分~16時30分
主 催:
海の生き物を守る会、日本自然保護協会
会 場:
東京都台東区民会館 特別会議室(大)8F
〒111-0033 台東区花川戸2丁目6番5号(都立産業貿易センター台東館8階)
>>>地図はこちら
東京メトロ銀座線浅草駅7番出口から徒歩約5分
東武伊勢崎線浅草駅から徒歩約5分
都営浅草線A5出口から徒歩約8分
つくばエクスプレス線A1番出口から徒歩約9分
北めぐりん二天門停留所からすぐ
参加費:
無料
問い合わせ:
向井 宏 (「海の生き物を守る会」代表&事務局代理)
 Eメール:hiromuk@mtf.biglobe.ne.jp
安部真理子(日本自然保護協会 保護プロジェクト部)
 Eメール:abe@nacsj.or.jp

 ※スパムメール対策のため@を大文字にしています。小文字に修正して送信してください。

プログラム

  • 「ハチの干潟の保全と行政」(岡田和樹・ハチの干潟を守る会)
  • 「巨大防潮堤計画と住民の意思」(畠山信・NPO法人森は海の恋人副理事長)
  • 「ジュゴンの海の護岸建設」(安部真理子・日本自然保護協会)
  • 「なぜ日本の海はコンクリート化されたか?」(向井宏・海の生き物を守る会代表)

20130209umisimpo.jpg

海辺・干潟・湿地環境の保全 ニュース&トピックス 一覧に戻る

あなたの支援が必要です!

×

NACS-J(ナックスジェイ・日本自然保護協会)は、寄付に基づく支援により活動している団体です。

継続寄付

寄付をする
(今回のみ支援)

月々1000円のご支援で、自然保護に関する普及啓発を広げることができます。

寄付する