日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

  • 文字サイズ

旧事務局日誌

Home 旧事務局日誌 リアルタイム日誌 COP11の課題―海洋保護区の設定、10%達成できるか

愛知ターゲット ニュース&トピックス 一覧に戻る

2012.10.15

COP11の課題―海洋保護区の設定、10%達成できるか

icon_shimura.jpg保護プロジェクト部の志村です。
インドで開催中の生物多様性条約COP11も折り返し、議論も熱を帯びてきていることと思います。
今回の会議の課題のひとつに、とくに遅れている海の保全があります。
海の保護区づくりは、世界的に80年代末に始まったばかりで
陸の国立公園などと比べて、ずいぶんと遅れています。
COP11の解説記事として、海の取り組みがクローズアップされ、NACS-Jの海洋保護区についての提言も紹介されました。(WEBサイト記事では2ページ目)
海の保全が前進するように、各国の代表団の議論に注目しましょう!
●毎日新聞 2012年10月08日 東京朝刊
国連生物多様性条約COP11の課題:/下 海洋保護区の設定、10%達成できるか
●NACS-Jの日本の海洋保護区についての提言はこちら。

愛知ターゲット ニュース&トピックス 一覧に戻る

あなたの支援が必要です!

×

NACS-J(ナックスジェイ・日本自然保護協会)は、寄付に基づく支援により活動している団体です。

継続寄付

寄付をする
(今回のみ支援)

月々1000円のご支援で、自然保護に関する普及啓発を広げることができます。

寄付する