日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

  • 文字サイズ

自然しらべ

Home 自然を知って楽しく伝えよう 自然しらべ ニュース&トピックス 自然しらべ2012「貝がらさがし!」砂はま観察会&貝がら教室   開催します!

自然しらべ ニュース&トピックス 一覧に戻る

2012.06.08

自然しらべ2012「貝がらさがし!」砂はま観察会&貝がら教室   開催します!

hotate.gif

砂はま観察会&貝がら教室

makigai1.gif

 

 

 

~「貝がら 博士になろう!」~

子どもから大人まで、誰もが身近な浜辺で拾える貝がらは、
地域の海辺のようすを知る手がかりのひとつです。

今年の夏、日本自然保護協会では、全国で「自然しらべ2012 貝がらさがし!」を行います。
ぜひあなたも「貝がら博士」になって、海辺の自然観察をはじめてみませんか。
*自然しらべ2012「貝がらさがし!」のマニュアルがダウンロードできる特設サイトは7月公開予定!乞うご期待!

自然しらべ2012貝がら
午前は砂はまで実際に貝がらをさがしながら、貝類のくらしや打ち上げ物など、海辺のようすを観察します。午後は室内で貝類の専門家から「貝がら」にまつわる自然のおもしろさを学びます。

■7月7日(土)材木座海岸(神奈川県鎌倉市)
講師:池田等さん(元・葉山しおさい博物館学芸員)

■7月8日 (日)稲毛海浜公園(千葉県千葉市)
(午前の部)公園内サイクリングセンター前
(午後の部)稲毛民間航空記念館・講義室
講師:黒住耐二さん(千葉県立中央博物館主任上席研究員)
 
時  間:集合9:45(午前の部)・13:30(午後の部)
      ※午前・午後のみの参加も可能。雨天は午後の貝がら教室のみ開催
      10:00~12:00 砂はま観察会(砂浜)・13:30~15:00貝がら教室(室内)

費  用:無料

定  員:30名(要申込み・先着順に受付)

参加申込:日本自然保護協会教育普及部 自然しらべ係
    TEL:03-3553-4105   MAIL:shirabe2012@nacsj.or.jp
   (お名前・電話番号(携帯等)・人数・年齢をお知らせください。)

◆集合場所:
2012年7月7日(土)
午前の部 9:45  パタゴニア鎌倉店
午後の部 13:30 パタゴニア鎌倉店
住所:神奈川県鎌倉市小町1-13-12 本覚寺ビル

gen7_map_kamakura.jpg

電車:
JR 横須賀線/江ノ電 鎌倉駅:徒歩5分
鎌倉駅東口改札前のロータリーを横切り、「日本料理 鯉之助」と洋菓子店「ニュージャーマン」の間の道を直進。突き当たりのT字路を右折し、由比ガ浜方面へ約200メートル直進。「ミスタードーナツ」の斜め向かいにある、白いタイル張りのビル。

 
2012年7月8日(日) 
午前の部 9:45  稲毛海浜公園サイクリングセンター前(海側)
住所:千葉市美浜区磯辺2-8-2
午後の部 13:30 稲毛民間航空記念館(講義室)
住所:千葉市美浜区高浜7-2-1

inagemap.jpg
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電車:JR京葉線稲毛海岸駅
または
JR総武線稲毛駅からバス

バス:JR稲毛駅西口1番線または、JR稲毛海岸駅南口2番線バス乗り場より海浜交通バス「海浜公園入口行」で高浜南団地下車徒歩3分

自家用車:国道14号・357号浅間神社交差点を海側に曲がり約2km直進。

駐車場:会場に近い、公園内のヨットハーバー駐車場(1回500円)、第2駐車場(1日最大600円)等をご利用ください。

<注意>
・夏は日射病になりやすい時期ですので、日焼け止めなどの暑さ対策をお願いします。
・水筒(飲み水)と帽子は必ずご持参ください。
・稲毛の会場の周辺には飲食店がありません。昼食をご持参ください。

主催:公益財団法人日本自然保護協会
協賛:サニクリーン、JR西日本
誌面協賛:『日経サイエンス』日経サイエンス社、『一個人』KKベストセラーズ、『ecomom』日経BP社、『旅の手帖』『散歩の達人』交通新聞社、『ダイビング』水中造形センター
協力:学研、カロラータ、モンベル、パタゴニア、こどもエコクラブ、E-ne!~good for you~(FM横浜)、NEC presents THE FLINTSTONE(bayfm)、日清製粉グループ本社

■「自然しらべ2012」は、東京ガス環境おうえん基金の助成を受けて実施しています

 

自然しらべ ニュース&トピックス 一覧に戻る

あなたの支援が必要です!

×

NACS-J(ナックスジェイ・日本自然保護協会)は、寄付に基づく支援により活動している団体です。

継続寄付

寄付をする
(今回のみ支援)

月々1000円のご支援で、自然保護に関する普及啓発を広げることができます。

寄付する