日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

生物多様性国家戦略への提言

Home 自然を守るしくみをつくる 生物多様性国家戦略への提言 ニュース&トピックス 6月2日 印西市(千葉)で、草原をテーマにしたシンポジウムを開催します!

生物多様性国家戦略への提言 ニュース&トピックス 一覧に戻る

2012.05.22

6月2日 印西市(千葉)で、草原をテーマにしたシンポジウムを開催します!

シンポジウム 「いのちを育む 印西の原っぱ」 ちらし(PDF/454KB)


20120602inzaishi-simpo.jpg全国で草原の環境が急速に姿を消して行くなか、千葉県の印西市には、里山やニュータウン開発の跡地・予定地などに広々とした原っぱが点々と残っています。

全国的に見ても重要なこれらの原っぱは、一部は保全にむけた動きが進み、一部はまだまだ開発の予定があるなど、現在、大きな岐路に立っています。

そこで、草原や草原でくらす生きものに詳しいお二人の講師をお招きして、まちづくりの視点から、あらためて印西の原っぱの魅力・価値を考えるシンポジウムを催します。

多くのご参加をお待ちしています。

●開催要項●

シンポジウム 「いのちを育む 印西の原っぱ」

20120602inzaishi-simpo2_R.jpg開催日:2012年6月2日(土)13:30~16:30(会場13:00)

会場:イオンホール(イオンモール千葉ニュータウン店3階)
※北総線 千葉ニュータウン中央駅より北側 徒歩5分

定員:150名(参加申込み不要。当日先着順)

参加費:無料

プログラム:
・講演① 『原っぱが育むいのち~水と土と生き物たち』
宮崎大学農学部 教授 西脇亜也

・講演② 『原っぱで育まれるいのち~草地の蝶』
東京大学大学院 農学生命科学研究科 准教授 宮下直

・原っぱを保全している団体の事例発表
谷田武西の原っぱと森の会

・印西の原っぱの全国的な重要性
日本自然保護協会 高川晋一

・生態系と水循環を活かしたまちづくり
亀成川を愛する会

主催:公益財団法人日本自然保護協会、亀成川を愛する会
共催:北総里山クラブ、里山シンポジウム実行委員会、美しい手賀沼を愛する市民の連合会

問い合わせ先: 亀成川を愛する会 事務局
Eメール:kamenarilove@yahoo.co.jp
(スパムメール対策のため、@を大文字にしています。小文字にして送信してください。)

生物多様性国家戦略への提言 ニュース&トピックス 一覧に戻る