日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

  • 文字サイズ

生物多様性国家戦略への提言

Home 自然を守るしくみをつくる 生物多様性国家戦略への提言 ニュース&トピックス くらしと生物多様性をつなぐ市民・企業・自治体協働シンポジウムが開催されます

生物多様性国家戦略への提言 ニュース&トピックス 一覧に戻る

2012.02.24

くらしと生物多様性をつなぐ市民・企業・自治体協働シンポジウムが開催されます

このたび「生物多様性ながの県戦略」が策定されました。
この機会に、長野県の豊かな自然の恵みを守り育て、未来の世代へとつなぐため、2012年3月10日に、市民・企業・自治体協働シンポジウムが開催されます。

このシンポジウムを通じて、長野県において活動を行っている団体の活動の交流を深めるとともに、「長野県に住む私たちが、地域や家庭で何ができるのか?」
「市民、企業、行政などと協力してできることは何か?」など、みなさまとともに考えます。

どなたでも無料でご参加いただけます。
市民団体や企業の活動交流のため、みなさんの活動をポスター展示で紹介することができます。
(ポスター展示についての詳細は、下記をご参照ください。)
みなさまお誘い合わせの上ご参加下さい。

生命(いのち)のにぎわいと恵みを未来へくらしと生物多様性をつなぐ市民・企業・自治体協働シンポジウム

日時:
2012年3月10日(土) 10:00~16:30(受付9:30~)
会場:
長野県松本合同庁舎講堂
 (〒390-0852長野県松本市大字島立1020)
アクセス方法・地図:
http://www.pref.nagano.lg.jp/xtihou/matu/access.htm
(松本電鉄上高地線 信濃荒井駅下車、駅から徒歩約15分)
参加費:
無料 事前申し込み不要※(どなたでも参加可)
主催:
生物多様性ながの県戦略シンポジウム実行委員会
共催:
長野県・日本自然保護協会会
後援:
信濃毎日新聞社会
備考:
会場周辺は店が少なく、昼食時間は参加者間の交流の時間としていますので、昼食を予め持参すると便利です。

20120301-michipuro-nagano-simpo.jpg>>シンポジウムのチラシ<<

開催趣旨:
長野県は本州のほぼ中央に位置し、日本アルプスをはじめ3,000m級の山々が連なる山岳から里山、そして多数の湖沼・河川・湿原などの多様な環境に育まれ、ここから生まれる豊かで安全な水・空気、温泉などの自然の恵みが、私たちの生活や産業(観光や農林水産業、工業など)を支えています。

この豊かな自然の恵みを守り育て、未来の世代へとつなぐため、平成24年に「生物多様性ながの県戦略」を長野県が策定しました。
そこで、この戦略の紹介や、長野県において活動を行っている団体の活動の交流を深めるとともに、「長野県に住む私たちが、地域や家庭で何ができるのか?」「市民、企業、行政などと協力してできることは何か?」等、みなさまとともに考えるシンポジウムを開催します。

プログラム:
 開会の挨拶 10:00~
(プログラム1)
 講演 10:05~
・生物多様性と私たちのくらし、生物多様性地域戦略の役割
   藤田卓((財)日本自然保護協会)
・長野県の生物多様性の特徴とその危機
   中村寛志(信州大学)
・生物多様性ながの県戦略の策定について
   窪田達央(長野県自然保護課)
・生物多様性ちば県戦略・策定の過程とその後
 ~私たちは、何を考え、どう活動したのか~
   手塚幸夫(ちば生物多様性県民会議前代表、
        夷隅郡市自然を守る会事務局長)
(プログラム2)
  昼食および市民団体・企業の活動交流会 12:00~
   市民団体や企業の活動交流のため、会場内でポスター
   展示(要申し込み※)、パンフレット(申し込み不要)
   などを持ち込めます
(プログラム3)
 グループ討論 13:30~
   長野県の生物多様性の”今”と”未来”をワールドカ
   フェ方式で皆さんと話合います。
(プログラム4)
  グループ討論のまとめ 15:45~
 閉会の挨拶 16:25~16:30
問い合わせ・ポスター展示事前申し込み連絡先:
長野県 環境部自然保護課自然保護係 担当:窪田
電話:026-235-7178 Email: shizenhogo@pref.nagano.lg.jp
ポスター展示を希望される方は、予め担当:窪田 までお問い合せください。

長野県(環境部)の報道発表(外部リンク):
http://www.pref.nagano.lg.jp/kankyo/hogo/press/press240223sympo.pdf

●「生物多様性ながの県戦略」の参考資料について
この戦略の特徴は、「地域懇談会」が32 回開催されのべ70 団体 853 名が参加するなど市民参加型で策定されたこと戦略の策定にあたって、生物多様性の現状や課題をまとめるだけでなく、その対策方法を検討・提案したことが挙げられます。詳しい策定過程などは下記を参照下さい。

Web Site 信州(長野県公式HP・外部リンク)
・「生物多様性ながの県戦略」本文や、「生物多様性地域懇談会」、「信州生物多様性戦略会議」などの策定過程
http://www.pref.nagano.lg.jp/kankyo/hogo/biodiv/index.html

・長野県生物多様性概況報告書(外部リンク)
http://www.pref.nagano.lg.jp/xseikan/khozen/sizen/biodiversity/biodiversity_index.htm#nbo

生物多様性国家戦略への提言 ニュース&トピックス 一覧に戻る

あなたの支援が必要です!

×

NACS-J(ナックスジェイ・日本自然保護協会)は、寄付に基づく支援により活動している団体です。

継続寄付

寄付をする
(今回のみ支援)

月々1000円のご支援で、自然保護に関する普及啓発を広げることができます。

寄付する