日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

  • 文字サイズ

旧事務局日誌

Home 旧事務局日誌 リアルタイム日誌 8ヵ月間のインターンシップが終了!

リアルタイム日誌 ニュース&トピックス 一覧に戻る

2011.03.04

8ヵ月間のインターンシップが終了!

生きものも活動を始め、人の心もなんだかウキウキし始める季節です。
こんにちは、損保ジャパンインターン生の増田です。

1月末、ついに8カ月間のインターンシップが終了しました。
7月の市民調査全国大会に始まり、モニタリングサイト1000里地調査、
自然しらべ、COP10、自然観察指導員講習会などたくさんの業務にかかわり、
充実した8カ月間でした。
「自然のまもりかた」を現場で感じるという、本当に貴重な経験に
より大きく成長できたと実感しています。

0304internship.jpg
▲職員に囲まれて最後のあいさつ(左から3番目のオレンジ色の服が増田さん)

この8ヵ月間で強く感じたのは、
会員の皆さんの支えとNACS-Jに寄せられる信頼の大きさです。

市民調査全国大会やCOP10では特に、皆さんとお話しさせていただく機会が多く、
その熱心さに驚かされ、笑顔に癒され、
「いろんなカタチの自然保護」を考えさせられる勉強の毎日でした。
また、「がんばってね」とお声がけいただいたり、
NACS-Jによせられた写真や感想、激励のお手紙を読んで
とても励まされたのを覚えています。

職員の皆さんには丁寧にご指導いただき、本当に感謝しています。
仕事の話だけでなく、私の人生相談にもたびたびのってもらい、
すごくうれしかったです。本当にありがとうございました。

小さいころから携わりたいと思っていた自然保護のお仕事。
NACS-Jで学んだのは知識だけではなく、
「自然保護のために自分に何ができるのか? 何が足りないのか?」
ということでした。現在は自分なりの自然の守り方を考えながら、就職活動中です。

このようなすばらしい機会を与えてくださった損保ジャパン環境財団の皆さま、
最後のあいさつで号泣する私を笑ってなぐさめてくださった職員の皆さま、
私の大好きなNACS-Jをいつも支えてくださっている会員の皆さま、
改めまして本当にありがとうございました。
これからも自分なりの自然保護を達成するため、NACS-Jで学んだことを活かしながら
前進していこうと思います。


リアルタイム日誌 ニュース&トピックス 一覧に戻る

あなたの支援が必要です!

×

NACS-J(ナックスジェイ・日本自然保護協会)は、寄付に基づく支援により活動している団体です。

継続寄付

寄付をする
(今回のみ支援)

月々1000円のご支援で、自然保護に関する普及啓発を広げることができます。

寄付する